ユピテル ミニタイプ常時録画ドライブレコーダー DRY-mini1

ユピテル(YUPITERU) ミニタイプ常時録画ドライブレコーダー DRY-mini1

ユピテルのドライブレコーダー「DRY-mini1」です。

ユピテル(YUPITERU) ミニタイプ常時録画ドライブレコーダー DRY-mini1

選択のポイントとしては、前後両方録画したほうがいいんじゃないかとか、少し遠くてもナンバーが確認できないととか、いろいろ考えだすとキリがない感じなので、コンパクトでソコソコの画質でお手頃な値段であること。カーナビのフロントカメラで録画してくれりゃいいのに、とかずっと思ってましたが、そういう日はなかなか来ないようだし…

DRY-mini1 は視野角が対格135°で720p、2GB単位のファイルを古い方から消去してどんどん録画していく常時録画タイプ。本体がかなり小さいので当然モニタも小さく…とはいえホントに事故で(お互い意見があわず)状況を確認しなきゃならないような時にはでかいモニタで見ないとどうにもならんと思うので、本体はセッティングの時に確認できればOKです。そして何より値段が7000円以下!(2014/4/17時点)

そんな感じでいろいろ割り切った本体はごらんの小ささです。

小さい!ユピテル ミニタイプ常時録画ドライブレコーダー DRY-mini1

横幅がデスクトップキーボードのキーが3つ隠れるかどうか、というレベル。

取り付けは両面テープでフロントウィンドウに貼付けてシガーソケットから電源を取るだけなので簡単…ですが、シガーソケットがそもそも存在しない。

ヒューズから直接電源取っちゃってもいいんだけど、iPhoneとかも充電したいので、シガーソケットを付けることにりました。購入したのはカーメイトの2連ソケットで、低背ヒューズを差し替えるタイプ。助手席グローブボックス横のヒューズボックスからアクセサリー電源の場所を探して(ヒューズボックスフタに書いてある)ヒューズを引っこ抜き、代わりにソケットから出てる端子を突っ込みます。抜いたヒュースをソケットに付属のヒューズケースに差し込んで、本体をグローブボックス内に両面テープで貼付ければ設置完了。グローブボックスとヒューズボックスは奥の方で繋がってます。アースはその辺のボルトに…と言いたいところだけど、狭くて面倒なので金属部分にビニールテープでグルグル巻きにしました。

プレマシー(CW)のヒューズボックス

んで取り付けたソケットにシガープラグを突っ込むんだけど、これがまーでかいこと。DRY-mini1唯一の欠点はこれだと思います。

バックミラーからグローブボックスまでなので、配線は適当に内装の隙間に突っ込めばOK。サイドエアバッグのところは上を回ってウェザーストリップ側へいけるので、手間無くきれいに隠せます。

プレマシー(CW)+ドラレコの配線

肝心の画質の方はYouTubeでやまほど公開されてるのでそちらをご覧ください(手抜き)。必要十分レベルだと思います。

カーメイト(CARMATE) ヒューズBOX 配線 2連ソケット 低背ヒューズ ブラック CT775

キーレス連動ドアミラー格納装置

キーレス連動ドアミラー格納装置

車を買うときってのはオプションが多すぎて自分が何を選んでるのかよくわからなくなるレベルですが、キーレスエントリーと連動してドアミラーが収納されるようになってなかったのに気づいたのは当然ながら納車の後でした。

なければ付ければいいじゃない、ということで調べてみるとドアミラー格納だけならわずか1980円。(その他にもバック連動でミラー下降機能付きのやつとかいろいろあるらしい)

ということで取り付けました。こんな写真を見てもなんだかわからんと思いますが、幸いウェブサイトに車種別の説明書が公開されてるのでさほど迷いませんでした。取り付け自体は少々手間なので、私はスピーカー交換のついでにやりましたが、お好きな方でなければあまりやりたくないレベルかと…

楽天:CW#系,CP8W系,CREW系結線資料公開中!
キーレス連動ドアミラー格納装置 TYPE-A プレマシー適合(ドアミラー自動格納)(電動ドアミラー)

こういうのを取り付けるたびにSでよかったんじゃね?と思わないでも無いです。

TOTO ラフィア FRP表面の欠け

TOTO ラフィア FRP表面の欠け

3年目を目前にしてお風呂の表面が欠けました。FTPの表面の樹脂部分が欠けて中身のグラスファイバーが見えてる状態。

TOTO ラフィア FRP表面の欠け

ご覧の通り角の部分ではないので何かがぶつかるような場所でもなく、ぶつかったとしてもそもそも風呂場には風呂のフタや手桶、シャンプーや石けん入れくらいなもんで、風呂が負けるような固さのものが見つかりません。

保証は1年なのですぎてはいるものの、欠けてるところの状態からするとちゃんとファイバー部分に樹脂が回ってないせい=製造上の不良じゃないの?と言うことで一応サポートに電話してみました。
電話口のお姉さん曰く実際に見てみないとなんとも言えないので作業員を派遣してくれるとのこと。

TOTOのサポート、とはいえ実際に見てくれるのは町の水回り屋さんなどはどこのメーカーでも一緒、隣の隣くらいの市から見に来てくれました。「あー確かにぶつけた感じではないですねぇ」とのことですが、最終的な判断はTOTOの方でするということで、写真も何枚かとって報告をあげてくれるということになりました。

で、一週間ほどで回答が来たのですが、やはり有償での修理になるとのこと。水回り屋さんはすまなそうにしてましたが、まあなんともしようがないでしょうから致し方無し。しかし驚いたのはその値段。出張費2000円はいいとして、技術料15000円と部品代7000円で合計24000円。1cm四方のFRPの欠けを直すのに24000円!

ということで自分で直します!

プレマシー純正フォグライト+レーシングギア スーパーハロゲンバルブ REAL YELLOW

プレマシー純正フォグランプ

純正のフォグです。29,800円ナリ。点検のタイミングでついでに装着してもらいました。ほんとは何か着くんだけど諸事情により塞がってますよーという雰囲気がムンムンする謎の丸がなくなってうれしい…

というのもありますが、私はちょい乱視で雨の日はギラギラ反射して見えてしまい、フォグがついてた方が助かります。

でも純正フォグは白が基本。悪天候のときは色温度は低い方が見やすい訳ですが、黄色バルブは7490円と結構なお値段なので、節約のために自前で交換です。

いろいろありますがHIDと同じくRacing Gearにしてみました。3200円。まあお安い。昔はPIAAのイオン色をずっと愛用してましたが切れやすいイメージもあったし。

R-GEAR スーパーハロゲンバルブ REAL YELLOW H11 2800K G11R

取り付けですが、純正フォグを買ったときに取扱説明書にバルブ交換やり方が書いてありました。というかバンパー下のボルトを数本とフェンダー内側のファスナー(クリップ)を外して、引っ張ってできた隙間から手を突っ込んで交換するだけ。といいつつ地面とバンパーの隙間はあまり広くはないので、寝そべりながらの作業になってしまいなかなかきついものがあります。というか先にバルブ買ってフォグ本体のついでにこれつけてしてくださいとお願いした方が早かったのではという気がしますが。おまけにかなり固くてはめるのに一苦労です。個体差ですかねぇ。

東亜コルク 水性ワックス仕上コルクタイル

東亜コルク 水性ワックス仕上コルクタイル

前回注文したコルクタイルが届いたので、妻と娘が一足先に帰省したタイミングで施工することにしました。この手の工事にはあまり向いていない真冬の作業ですが、説明書を見ると室温なら問題なさそうです。一応エアコンをつけて早速作業開始。

今回用意したコルク&関連用品はこちら↓

だいたい10万円くらいです。
その他の道具はカッター、カッティングマット、キッチリ密着させるために内装工事用のローラーと、間違ったときにコルクをはがすためのヘラ。

施工のポイントはとにかくコルクのサイズ合わせ。つまり正方形のまま使えるところはいいけど、隅の部分をピッタリカットできるか次第。後は貼ってきゃいいだけなので簡単ですが、接着剤は超強力なので貼り直しはできません。はがすのもえらい大変です…

階段用コルクタイル(カット前)

さて、問題のカットですが、例えば階段はご覧のように踏み板部分はちょっと奥行き方向が長く、段鼻・踏み板ともにちょっと長さが足りません。段鼻は分厚く固いのできるのはなかなか大変です。踏み板も長さ方向はいいけど幅は長ーく切る必要があるのでちょっと難易度が高い。そしてモルタルは定規で引いたようにまっすぐ、とはいかないので微妙に調整する必要があります。

それ以外の普通の場所でもタイル数枚でピッタリということはまずないので必要な分切ることになるわけですが、切る数が多いので正確に切るのは難しい上、前述のように部屋は完璧な直線でできてる訳じゃないので面倒なことになります。

とか偉そうなことを言ってますが、やはり階段部分はモルタル事態の施工状態にあわせるのが難しく – 一部だけ微妙に膨らんで曲線になってたりする場合もあり – ちょこっと隙間が空いたりもしました。

とはいえ細く切ったコルクを詰め込むと結構わからないレベルできれいになります。失敗しても多少リカバーが聞くのもコルクのいいところかもしれません。

そもそも隙間がでちゃうような状態は失敗で、ちょこっと大きめに作って詰め込むのが基本です。入らなかったらあとちょっとだけ削ってまた入れる。こんな感じ↓

コルクタイルのはめ方

作り付けの家具にあわせてちょっとややこしい形状に。難しいけどピッタリはまるとかなりうれしい。

作り付けの家具にあわせてコルクタイルをカット

全部貼り終わると実によい質感&肌触りに。素人作業ではなかなか時間がかかって大変ではありますが、満足度は非常に高いです。これまでスリッパが無いととても歩けないくらい冷たかったモルタルが(それでもモルタルの下に断熱材が入ってるんですが)冷たさを感じづらくなりました。フローリングとかよりずっと暖かく、畳よりもいいかも?というレベルです。

あと靴下に穴が開かなくなりました。モルタルだと摩擦がでかいのでこすれてすぐに穴が空いてたので…

完成した階段のコルクタイル

SIGMA 30mm F1.4 DC HSM (EF)

シグマのキャノン用30mm F1.4 DC HSM です。EF17-40F4Lを常用してますが、少々暗いのが珠にきず。そこで旧型の30mm F1.4 EX DC HSMを…と迷ってる間に新型が出ました。

Eマウントで遊んでる間に7Dが少々ほったらかしになりつつあり、復活のためのカンフル剤でもあります。

ヨツユビハリネズミ SIGMA

クリエイト X376 マルチモール

クロームメッキのモール(7mm幅)です。これをフロントグリルのここ↓にペタっと。

プレマシー:フロントグリルにマルチモールを

実は4mmのやつを買って内装に貼ろうとしたんだけど、いまいちピッタリフィットしなくてやめました。お決まりのドアの肘掛けのところなんだけど、この場所は一見直線に見えて前の方はちょこっと曲がって下がってるんです。だからそのままじゃ貼れないし、まげて貼ろうとしてもだんだんはがれてきちゃう。みんな前の方どうしてるんだろ?

で、それを外装にもと思ったんだけど、この場所に4mmだとちょっと細すぎたので7mmです。今ググったら貼ってる人みんな7mmですな。調べてから試せよって感じですが、まあ1000円しないモノなので…

RacingGear PowerHID VR4

RG PowerHID VR4の取り付けです。

RacingGear PowerHID VR4 バラスト
バラスト

入ってるのはバルブ2本とハーネス類、バラスト等々。バルブは保証の関係で点灯テストをしてから開封するようにパッケージに書いてあるので先走らないようご注意を。

RG PowerHID VR4 バッテリーとの接続
バッテリープラスの接続位置。同じ向きにしたかったけど端子の形状でおまく重ならず…。付け替えるのも面倒だしどうでカバーされちゃうしこれでOKということで
RG PowerHID VR4 アースの接続
アースはこのへん

アイドリングストップ対応でリレーハーネスが入ってるので少々ややこしくなってます。
そして一番困るのはやはりバラストを固定する場所。いろいろ試したんですが、付属のブラケットと結束バンドだとどうにも収まらず、いろいろ悩んだ結果ブラケット無しで固定することにしました。ホームセンターで買ってきた防振ゴムと強力両面テープ、結束バンドで、サスペンションのマウントの横あたりに設置。結束バンドは万一両面テープがはがれても落ちないように、という保険的な役割です。バッテリーへのケーブルの取り回しはエンジンの後ろを通過。

RacingGear PowerHID VR4 点灯テスト
点灯テスト中

一通り接続が完了したところで点灯テスト。うっかりガラス部分に触っちゃったりした場合には空焚きした方が無難ですが、特に問題ないはずなので数分で装着。

作業終了後の写真を撮るのを忘れました…。まああってもライトが光ってるだけですが。

Racing gear HIDキット VR4 ヘッド/フォグ共有可能 車検対応 12V H9/H11 5500K RGH-CB957

BOSCH Aerotwin Multi

プレマシーのワイパーブレードはカクカクした形の上に穴があいてたりしてちょっと見た目がうるさいです。C4の時は標準でエアロツインマルチと同じようなフレームレスのワイパーブレード(ゴムを交換する関係でやはりエアロツインマルチに変えてましたが)で、これに慣れてることもあって納車一年、ちょうどゴムがヘタってきたタイミングで交換することにしました。

ところがBOSCHのウェブサイトにはCP/CRまでしか適合が書いてない。CWもスカイアクティブになりデビューから結構時間が経ってるにもかかわらずこの扱い…マツダ&マツダ乗りの人は怒ってよいです。

ちなみにCRは運転席側が65B、助手席側が40B。CWもこれと同じで問題ないはずですが、メーカーが情報を出してないことには違いないので実際のところ買って見ないとわからない。

で、取り付けた状態がこちら。

ボッシュ エアロツインマルチ
BOSCH Aerotwin Multi

ちなみにこちらがノーマル。

プレマシー純正ワイパーブレード
プレマシー純正ワイパーブレード

大丈夫ですね。型番AとBの違いは曲率の違い(A=曲率が低い/B=曲率が高い)ということらしいので、長ささえあってればそんなに問題ないのかなという気もしますが。

交換した結果、見た目が(太いけど)シンプルになったのと、何と言っても拭き残しが無くなったのが最大のメリットです。安いところで買えば2本合わせて5000円ちょい…ノーマルと比べると少々ちょっと高い気もしますが、それだけの価値はあると思います。

BOSCH エアロツインマルチ AM40B

楽天(安い順に表示)
Amazon(安い順に表示)

BOSCH エアロツインマルチ AM65B

楽天(安い順に表示)
Amazon(安い順に表示)