AutoExe エクゾーストフィニッシャー

IMG_7396
プレマシー(20E)のマフラーエンド。細くて長い…

C4はマフラーの先っちょがバンパーに隠れて外から見えないようになってましたが(下向き排気)、プレマシーの20S/Prestige以外はトラのチ●チンみたいな情けないのが見えてます。
ミニバンだしATだしズボボボ言わせて走りたいわけじゃないんだけど、ちょっと格好悪いのでマフラーカッターをつけることにしました。

シトロエンC4のリア
こちらはC4。左下にマフラーエンドがあるんだけど、全然見えない

オートバックスとかで売ってる3000円くらいの安いのでいいかとも思ったんですが、なんともいえないビミョーな質感(安っぽい)に脱力。所詮トラのチ●コケースではありますが、「チ●コケース付けました」感がプンプンするのは勘弁願いたいところです。

とはいえ純正オプションは結構なお値段。
他になんかよさげなのはないかと探して候補に上がったのがAutoExeのエクゾーストフィニッシャーと、5ZIGENのマフラーカッター。AutoExeはディーラーにもカタログありますね。

それぞれ公式サイトにプレマシーに実際取り付けた様子が出てます。

前者が12,600円、後者は9,800円なり。こっちも結構たけーなおい。
2,800円の差に苦悩しながらも、見た目が自然で後付けっぽくないAutoExeの方にしました。クルマ注文する時にサービスで付けてくれってお願いしときゃよかったな。

とはいえ取付けはボルト一本、メガネレンチかスパナで一瞬で終了。一応締め付けトルク指定がありますがトルクレンチが無いのでその辺はカンで…

AutoExe エグゾーストフィニッシャー(プレマシーCW用)
太くなりました。できるだけ出っ張らないように一番置くまで突っ込んで付けてるので、離れてみるとあんまり目立たないです。

いいですね。取り付けた後ヨメさんも気づいてないし(206の時は純正のステンレスマフラーが70,000円だとバレて怒られた)、後付けって言わなきゃ最初からこうだったかも?って感じです。

AutoExe エグゾーストフィニッシャー

5ZIGEN マフラーカッター

「MAZDA PREMACY 2.0E」納車

長いことまたされてようやく納車日。

C4もちょこっと奇麗にしました。ムスメ1号は別れが寂しい様子です、私のコンデジを持ち出して写真を撮ったようです。全部ドアップで何がうつってるんだかわかりませんが、気持ちだけは伝わりました。

プレマシーのボディーカラーはメトロポリタングレーマイカと迷いましたが、ヨメさんの意見もあり、カッパーレッドマイカ。C4のルージュルシフェールと比べると少しだけ彩度を落としたような赤ですが、似たような色ではあります。これなら車が変わっても秋の長雨で膨らんじゃってといえばわからないレベルです(無理)
ちなみに色選びに関しては商談をしていたディーラーにカッパーレッドマイカの現物がなく、わざわざ系列店から持ってきてもらって検討しました。ありがとうございます>営業さん

実物を見るとリアスポイラー付けときゃよかったとか、アルミは16インチにすりゃよかったとかいろんな思いが頭をよぎりますが、ともかくまっさらの新車は嬉しいものです。

実は納車が待ちきれず先走って注文したモノがいくつかありますw
ヨメさんには内緒でちょっとづつ取り付けようと思います。

契約

さて、心はほぼプレマシーですが、後は予算の問題をクリアできるかどうか。クリアってか、どこまで安くできるか、どのグレードなら買えるのか、という話になります。

20Sかプレステージがいいのは当然ですが、いいものは高い。前のディーラー(他のマツダ)は現品限りの一発価格の車両がありましたが、それはそれでいろいろ選択の余地がないので辛い。その値段からは引きませんって感じだったし。

とりあえず20Eで詳しい見積りを出してもらい、さらに必要最低限のオプションを選択。このオプションってのがくせ者です。
シトロエンみたいな(日本では)マイナーなメーカーは導入されるグレードが限られてて全部入りか、まぁまぁ、みたいなグレードしか選択肢がないので迷わないわけです。実際C4 2.0 exclusiveってのはその仰々しいネーミングの通り、各種スポイラー、17インチアルミ、キセノン&ディレクショナルヘッドライト、クルーズコントロール等々一昔前の車にも関わらず快適装備は大抵ついてたわけですが、プレマシー、それも20Eという中間グレードだと結構細かいところまでオプション。

とりあえずつけると重くなってエコカー減税の対象となるという謎の税制について改めて考えさせられる片側電動スライドドア、パーキングセンサーと迷いましたが前後のカメラ(駐車場狭いので)、後付けでもいいかと思ったけどバイザーの裏にキッチリ収まるのでつけちゃえのETC、あとフロアマットとドアバイザー。必要なもの最低限のオプションを付けました。あといらないような気がするけどした方がいいとお勧めされたボディーコーティング、メンテパックと延長保証(C4の経験からw)をつけました。カメラとボディーコーティングはおまけ、ナビはキャンペーン中につき無料。

さらに下取りの値段を「昔マツダはユーノスでシトロエン扱ってたつながり」というわけのわからない理由をつけながら上げてもらい、大体ネットで言われてる目標値引き額と同じようなところまで引いてもらいました。さらにハンコ押す前にアルミホイールつけてくれれば押したくなるかも…などとお願いしてようやくサイン。しつこくてすみませんね。

細かい事言うと、値引きの書き方がわかりづらくて本当に引いてくれたのがどうかよくわからないというカオスな注文書でした。

あとオプションでカーテンエアバッグの項目があったんで、付いてませんでしたっけ?と聞くと、付けるとこれだけじゃなく他にも変えなくちゃならなくてこの値段だけじゃすまないので結構高くなっちゃいますよ、という返答を頂いたんだけど、そもそも最初から付いてました。マイナーチェンジで2WD全車標準になったので営業さんの勘違い。

安全装備について言うと、マツダは全席三点シートベルトとかヘッドレストを付けたりとか、ごく当たり前のことをちゃんとしててよいと思います。というかマツダがいいんじゃなくて、他のメーカーでこの手の装備を省いてまでコストダウンしてるところはもうちょっと考えろよ、って感じですね。そんなに金のかかるような個所じゃないのに…。まあウォークスルーが出来るのをいいことにミニバンの中で子供を歩かせてても平気な人も多いから無くても誰も気にしないだろうって判断なんでしょうけど。私はすっごい気にしますがね。

エコカー補助金(10万円)はタイミング的にギリギリということで、あまり期待しないようにしつつ、手続きはできるだけ早めにする方向で。

工場の在庫を確認して、車検証の発行だけ先に手配した結果、どうやら最終日の申し込みで貰えることになった模様。報道ベースなので、実際に振り込まれるまでなんだか不安ではありますが、10万円はでかいのでよかったです。
しかし車検証はあるのに先走った手続きと台風の影響と諸々で納車まで3週間近くかかることに。決まったら決まったで一日も早く新しい方に乗りたいのに…。

プレマシーとアクセラ、突然のデミオ

さて、昨日の試乗周りでなんとなくプレマシーな雰囲気になってきたところで嫁さんがマツダで貰ったチラシを見て、燃費がいいし維持費も安いデミオでいいんじゃないの?という少々無理のある提案。今回はヨメさん「も」乗るから乗りやすいヤツ、というのもあるんですが、とはいえ9割以上は私が家族みんなを乗せてということになるわけです。
まあ安いし燃費もいいし、デミオもスカイアクティブ化したわけで、こちらも気になってたアクセラと一緒に見せてもらおうか、ということになりました。

…で、なぜか昨日のマツダではない、販社の違うマツダを見に行きました。競合させる、というわけでもないんだけど、条件を比較したいのと、実はC4をぶつけて板金してもらったのはここの販社(の別店舗)。あとこっちの店だと有料道路で150円かかるものの早く来られるのもメリットです。

そんなわけで別のマツダ、別の営業マンになりました。こちらは昨日のマツダよりもうちょっと若いけど同じく落ち着いた感じです。マツダの営業マンのクオリティが高いのかたまたまなのかは謎ですが、多分後者ですね(笑)

デミオ、確かにフィットとかに比べると背が低いこともあり広さは感じませんが、このサイズならこんなもんかという感じです。206より気持ち広いようなそうでも無いような、といったところ。
とはいえ荷室は狭い。206だとギリギリ乗せられたベビーカーはこれだとちょっと無理そうな雰囲気。
ということで、やはり無理がある。あとエンジンが改良されたとはいえデザインは少々モデル末期感が漂います。悪くはないんだけど。

で、アクセラですが、プレマシーと一緒に隣に並べてくれました。比較しやすくてよいです。

アクセラはC4と比べると大分後部座席に余裕があります。先代も結構余裕があった気がするけど、それよりさらに良くなってる印象。てかC4が狭いんですね。ガラスルーフにしたせいで頭上も狭いし(ガラスルーフを装着するとカバーの収納部分が出っ張るので狭くなる)。

とはいえやはり同じサイズ、同じ構成(5ドアハッチバック)で買い替えるのは、ATとかに不安があったりということはあるものの、やはり買い替える必然性自体がうすーくなります。

と考えると、インプレッサとかもやっぱり無しだなぁ。ということでやはり本命はプレマシーのようです。

見せてもらったのは上位モデルの20S。装備が違うだけで基本は一緒です。シートがサイド革張りになってるから内装の印象はかなり違う。

乗った感じは昨日と同じですが、16inchのこちらの方が好印象。それ以外はほとんど一緒ですが、コースが違うのでいろいろわかりました。結果としてはミニバンの割にとても好印象で、プレマシーはやはりいい選択なのでは無いかという気がします。ほぼ決まり。あとは予算の問題のみ。

コルクタイル選び

水性ワックス仕上コルクタイル ACV-L3・L5 ライト
水性ワックス仕上 ACV-L3・L5 ライト

赤ちゃんが生活することをまったく考慮していなかった我が家ですが、そろそろハイハイのスピードがかなりの早さになってきたのでちょっとずつ対策することにしました。

まずは転んだら確実に血まみれになる階段にコルクを貼ることに。

実は子供部屋にはホームセンターとかでよく見るタイプのコルククッションを敷いてます。まぁこれはこれで安いし暖かいしでいいんですけど、つなぎ目が目立たないといいつつも結構きっちり詰めて敷いてもちょっとは見えるし、なにより歩いた感じのスポンジ感はいかんともしがたいものがあります。全体的にとにかく安っぽい。
またこれを階段に貼るのはそもそも危険なので(ジョイント部分が弱すぎるし、接着したとしても所詮中身はスポンジ)、ちゃんとした床材としてのコルクを検討することにりました。

最初コルクロールというのがあったのでこれでいいのかと思いましたが、大原工務所大原さんに聞いたところそれは壁用で床用のちゃんとしたヤツを買わないとすぐ剥がれる上に、やり直すのは凄く大変とのこと。「千代田商会」という会社のコルクがお勧めいただきました。

コルク専業160年の歴史をもつロビンソンコルクの製品紹介ページ

で、いろいろ探したんですが床材だけを通販で販売しているところは無いようで、今回はコスト面でDIYが前提なので断念することにしました・・・。

というわけで代替案。
コルクタイルを検索すると壁紙でお馴染のサンゲツと、東亜コルク、神戸コルクという会社を発見。

東亜コルクはその名の通りコルクの会社なので商品がとても見やすいんですけど、サンゲツは取扱商品の多さゆえか探しづらく、コルクタイルで検索しても全然関係なさそうな商品が192件もヒットして全然お目当てのコルクタイルにたどり着かない。どんなクオリティのコクルなのかさっぱりわかりません・・・。楽天で検索した方が商品の写真が出てきていいくらいです。ショールームで見てねってことだと思うんですが、商品紹介はちゃんと作ってほしいところ。

で、ウェブサイトで調べて分かる範囲で三者比較すると価格帯も同じくらいだし、天然素材故に(素人目には) 商品自体はどれもそれほど変わらないように見えます。となると一番ウェブサイトに詳しく商品の説明を載せてる東亜コルクが安心感がありますね。

コルクタイル|製品のご案内|東亜コルク

一口にコルクタイルといってもなんとなく商品の想像がつく「無塗装コルクタイル」だけでなく、「ソフトセラミック仕上」「特殊樹脂ワックス仕上」「水性ワックス仕上」「天然オイル仕上/天然樹脂仕上」「強化ウレタン仕上」「厚塗ワックス仕上(重歩行用)」と山ほど種類があります。重歩行用ってのは店舗とか屋外用なので除外するとして他は何がいいのか・・・。

実際に使ってる人を探して検索したところ、樹脂やウレタンで仕上げたものはメンテナンスが楽でいい一方で、コルクっぽくなくなっちゃってせっかくのコルクがもったいないというお話。調べてる間に見つけた楽天のお店(5店舗くらい取扱があった仲で一番安かった)で3点まで無料サンプルを貰えるということで、一般住宅向けのうち一番普通っぽい「水性ワックス仕上」と、「自然素材だけを使って、表面を仕上げた」という「天然オイル仕上/天然樹脂仕上」、「耐摩耗性をはじめ保温性・弾力性・肌ざわり・経済性など、トータルバランスに優れて」いるという「特殊樹脂ワックス仕上」の三点のサンプルを請求しました。

無料サンプル請求:インテリアショップ お部屋の大将

んー、ホームセンターで売ってるコルクマットとはまったく違います。というか完全に別物。フローリングもそうですけど、表面コンマ数ミリだけホンモノで後は違う素材ってのは話だけ聞くとホンモノに見えるんじゃない?と思いますが、実際完璧に別物です。

正直三点サンプル送っていただいて、もちろんよく見て触ってみるといろいろ違いはあるんですが、どれもしっかりコルクの質感があるのでどれでもいいのかなという感じもします。遠目に見る分にはそれほど変わらないかな、と。床だし。詳しく違いを説明すると

「特殊樹脂ワックス仕上」

  • 表面が滑らかで凹凸が少なくメンテナンス楽そう
  • とはいえさらさらした手触りで、「人工物」感は無い。ちゃんとコルク
  • 製造工程が違うのか、コルクの粒が少し小さく見える

「天然樹脂仕上」

  • 一番コルクらしい質感で、樹脂仕上げの関係か三者の中では若干色合いが濃い
  • コルクの粒と粒の間に少ないながらも隙間があるので、隙間にホコリが埋まりそう
  • 手触りも若干ザラザラしていて、一番柔らかく感じる

「水性ワックス仕上」

  • ちょうど両者の中間くらいの性質

「天然樹脂仕上」は一番質感がいいですが、ちょっと掃除が大変そうかなという印象。コスト面と見た目のバランスをとって「水性ワックス仕上」を選ぶことにしました。

で、大分話が長くなりましたが、懸案であった階段のところは専用品があります。ちょっとお高いですが、角のところはさすがにこれを使うしかないので一緒に注文します。

玄関をあがったところとそこからつながる階段、階段につながる廊下部分も一緒に施行するので、注文した枚数は5mm厚のACV-L5が73枚、L3が20枚、階段用段鼻11枚と踏み板が10枚。階段が実際の段数より多いんですが、これは幅が広いので横に1.3枚くらいの割合で繋げなきゃならないためです。それと接着剤3Kg、段鼻用の接着剤、階段用に踏み板用両面テープも一緒に注文。

最終的なお値段は10万ちょい。結構なお値段ですが広範囲にやるのでまあ仕方ないところですね…。(一般的なサイズの階段だけなら接着剤込みでも4万くらいで収まると思います)