ユピテル ミニタイプ常時録画ドライブレコーダー DRY-mini1

ユピテル(YUPITERU) ミニタイプ常時録画ドライブレコーダー DRY-mini1

ユピテルのドライブレコーダー「DRY-mini1」です。

ユピテル(YUPITERU) ミニタイプ常時録画ドライブレコーダー DRY-mini1

選択のポイントとしては、前後両方録画したほうがいいんじゃないかとか、少し遠くてもナンバーが確認できないととか、いろいろ考えだすとキリがない感じなので、コンパクトでソコソコの画質でお手頃な値段であること。カーナビのフロントカメラで録画してくれりゃいいのに、とかずっと思ってましたが、そういう日はなかなか来ないようだし…

DRY-mini1 は視野角が対格135°で720p、2GB単位のファイルを古い方から消去してどんどん録画していく常時録画タイプ。本体がかなり小さいので当然モニタも小さく…とはいえホントに事故で(お互い意見があわず)状況を確認しなきゃならないような時にはでかいモニタで見ないとどうにもならんと思うので、本体はセッティングの時に確認できればOKです。そして何より値段が7000円以下!(2014/4/17時点)

そんな感じでいろいろ割り切った本体はごらんの小ささです。

小さい!ユピテル ミニタイプ常時録画ドライブレコーダー DRY-mini1

横幅がデスクトップキーボードのキーが3つ隠れるかどうか、というレベル。

取り付けは両面テープでフロントウィンドウに貼付けてシガーソケットから電源を取るだけなので簡単…ですが、シガーソケットがそもそも存在しない。

ヒューズから直接電源取っちゃってもいいんだけど、iPhoneとかも充電したいので、シガーソケットを付けることにりました。購入したのはカーメイトの2連ソケットで、低背ヒューズを差し替えるタイプ。助手席グローブボックス横のヒューズボックスからアクセサリー電源の場所を探して(ヒューズボックスフタに書いてある)ヒューズを引っこ抜き、代わりにソケットから出てる端子を突っ込みます。抜いたヒュースをソケットに付属のヒューズケースに差し込んで、本体をグローブボックス内に両面テープで貼付ければ設置完了。グローブボックスとヒューズボックスは奥の方で繋がってます。アースはその辺のボルトに…と言いたいところだけど、狭くて面倒なので金属部分にビニールテープでグルグル巻きにしました。

プレマシー(CW)のヒューズボックス

んで取り付けたソケットにシガープラグを突っ込むんだけど、これがまーでかいこと。DRY-mini1唯一の欠点はこれだと思います。

バックミラーからグローブボックスまでなので、配線は適当に内装の隙間に突っ込めばOK。サイドエアバッグのところは上を回ってウェザーストリップ側へいけるので、手間無くきれいに隠せます。

プレマシー(CW)+ドラレコの配線

肝心の画質の方はYouTubeでやまほど公開されてるのでそちらをご覧ください(手抜き)。必要十分レベルだと思います。

カーメイト(CARMATE) ヒューズBOX 配線 2連ソケット 低背ヒューズ ブラック CT775

キーレス連動ドアミラー格納装置

キーレス連動ドアミラー格納装置

車を買うときってのはオプションが多すぎて自分が何を選んでるのかよくわからなくなるレベルですが、キーレスエントリーと連動してドアミラーが収納されるようになってなかったのに気づいたのは当然ながら納車の後でした。

なければ付ければいいじゃない、ということで調べてみるとドアミラー格納だけならわずか1980円。(その他にもバック連動でミラー下降機能付きのやつとかいろいろあるらしい)

ということで取り付けました。こんな写真を見てもなんだかわからんと思いますが、幸いウェブサイトに車種別の説明書が公開されてるのでさほど迷いませんでした。取り付け自体は少々手間なので、私はスピーカー交換のついでにやりましたが、お好きな方でなければあまりやりたくないレベルかと…

楽天:CW#系,CP8W系,CREW系結線資料公開中!
キーレス連動ドアミラー格納装置 TYPE-A プレマシー適合(ドアミラー自動格納)(電動ドアミラー)

こういうのを取り付けるたびにSでよかったんじゃね?と思わないでも無いです。

プレマシー純正フォグライト+レーシングギア スーパーハロゲンバルブ REAL YELLOW

プレマシー純正フォグランプ

純正のフォグです。29,800円ナリ。点検のタイミングでついでに装着してもらいました。ほんとは何か着くんだけど諸事情により塞がってますよーという雰囲気がムンムンする謎の丸がなくなってうれしい…

というのもありますが、私はちょい乱視で雨の日はギラギラ反射して見えてしまい、フォグがついてた方が助かります。

でも純正フォグは白が基本。悪天候のときは色温度は低い方が見やすい訳ですが、黄色バルブは7490円と結構なお値段なので、節約のために自前で交換です。

いろいろありますがHIDと同じくRacing Gearにしてみました。3200円。まあお安い。昔はPIAAのイオン色をずっと愛用してましたが切れやすいイメージもあったし。

R-GEAR スーパーハロゲンバルブ REAL YELLOW H11 2800K G11R

取り付けですが、純正フォグを買ったときに取扱説明書にバルブ交換やり方が書いてありました。というかバンパー下のボルトを数本とフェンダー内側のファスナー(クリップ)を外して、引っ張ってできた隙間から手を突っ込んで交換するだけ。といいつつ地面とバンパーの隙間はあまり広くはないので、寝そべりながらの作業になってしまいなかなかきついものがあります。というか先にバルブ買ってフォグ本体のついでにこれつけてしてくださいとお願いした方が早かったのではという気がしますが。おまけにかなり固くてはめるのに一苦労です。個体差ですかねぇ。

クリエイト X376 マルチモール

クロームメッキのモール(7mm幅)です。これをフロントグリルのここ↓にペタっと。

プレマシー:フロントグリルにマルチモールを

実は4mmのやつを買って内装に貼ろうとしたんだけど、いまいちピッタリフィットしなくてやめました。お決まりのドアの肘掛けのところなんだけど、この場所は一見直線に見えて前の方はちょこっと曲がって下がってるんです。だからそのままじゃ貼れないし、まげて貼ろうとしてもだんだんはがれてきちゃう。みんな前の方どうしてるんだろ?

で、それを外装にもと思ったんだけど、この場所に4mmだとちょっと細すぎたので7mmです。今ググったら貼ってる人みんな7mmですな。調べてから試せよって感じですが、まあ1000円しないモノなので…

RacingGear PowerHID VR4

RG PowerHID VR4の取り付けです。

RacingGear PowerHID VR4 バラスト
バラスト

入ってるのはバルブ2本とハーネス類、バラスト等々。バルブは保証の関係で点灯テストをしてから開封するようにパッケージに書いてあるので先走らないようご注意を。

RG PowerHID VR4 バッテリーとの接続
バッテリープラスの接続位置。同じ向きにしたかったけど端子の形状でおまく重ならず…。付け替えるのも面倒だしどうでカバーされちゃうしこれでOKということで
RG PowerHID VR4 アースの接続
アースはこのへん

アイドリングストップ対応でリレーハーネスが入ってるので少々ややこしくなってます。
そして一番困るのはやはりバラストを固定する場所。いろいろ試したんですが、付属のブラケットと結束バンドだとどうにも収まらず、いろいろ悩んだ結果ブラケット無しで固定することにしました。ホームセンターで買ってきた防振ゴムと強力両面テープ、結束バンドで、サスペンションのマウントの横あたりに設置。結束バンドは万一両面テープがはがれても落ちないように、という保険的な役割です。バッテリーへのケーブルの取り回しはエンジンの後ろを通過。

RacingGear PowerHID VR4 点灯テスト
点灯テスト中

一通り接続が完了したところで点灯テスト。うっかりガラス部分に触っちゃったりした場合には空焚きした方が無難ですが、特に問題ないはずなので数分で装着。

作業終了後の写真を撮るのを忘れました…。まああってもライトが光ってるだけですが。

Racing gear HIDキット VR4 ヘッド/フォグ共有可能 車検対応 12V H9/H11 5500K RGH-CB957

BOSCH Aerotwin Multi

プレマシーのワイパーブレードはカクカクした形の上に穴があいてたりしてちょっと見た目がうるさいです。C4の時は標準でエアロツインマルチと同じようなフレームレスのワイパーブレード(ゴムを交換する関係でやはりエアロツインマルチに変えてましたが)で、これに慣れてることもあって納車一年、ちょうどゴムがヘタってきたタイミングで交換することにしました。

ところがBOSCHのウェブサイトにはCP/CRまでしか適合が書いてない。CWもスカイアクティブになりデビューから結構時間が経ってるにもかかわらずこの扱い…マツダ&マツダ乗りの人は怒ってよいです。

ちなみにCRは運転席側が65B、助手席側が40B。CWもこれと同じで問題ないはずですが、メーカーが情報を出してないことには違いないので実際のところ買って見ないとわからない。

で、取り付けた状態がこちら。

ボッシュ エアロツインマルチ
BOSCH Aerotwin Multi

ちなみにこちらがノーマル。

プレマシー純正ワイパーブレード
プレマシー純正ワイパーブレード

大丈夫ですね。型番AとBの違いは曲率の違い(A=曲率が低い/B=曲率が高い)ということらしいので、長ささえあってればそんなに問題ないのかなという気もしますが。

交換した結果、見た目が(太いけど)シンプルになったのと、何と言っても拭き残しが無くなったのが最大のメリットです。安いところで買えば2本合わせて5000円ちょい…ノーマルと比べると少々ちょっと高い気もしますが、それだけの価値はあると思います。

BOSCH エアロツインマルチ AM40B

楽天(安い順に表示)
Amazon(安い順に表示)

BOSCH エアロツインマルチ AM65B

楽天(安い順に表示)
Amazon(安い順に表示)

続:スピーカー交換(リア/TS-F1720)

続いてリアスピーカーの交換。こちらはとてつもなく面倒です。面倒な理由はスピーカーへのアクセスが極端に悪いこと。あとググってもリアスピーカー交換作業をしてる人があんまりいない…。みんカラとかでも交換した人は作業記録を残していないようでなかなか難しかったです。

で交換ですが、リアスピーカー交換の為に内装をはがすのであれば、シートとかも下ろす必要があります。これはきつい。外しちゃえばその後は早いでしょうが、スピーカーのためだけにそんなことやるのは正直嫌です。ほかに次いでの作業があればいいですが…

そこで(シートを外さずとも)外せるところだけ外して、あとは隙間からどうにかする作戦です。これならソケットレンチとドライバーさえあればなんとかいけます。

そのボルトの位置がちょっと分かりづらいですが、ソケットレンチが必要なのは最後列ドリンクボルダーの上。マイナスドライバーではずせる小さなふたがあるんですが、その奥ーの方にボルトが一本。エクステンションバーをつけないと届きません。 後はカーゴルームの両端、ラゲッジネットとかを引っ掛けるフックのところがパカっと開いてボルトがあります。その他端っこから順に見て行けばネジで固定されてるところが見つかるんじゃないかと。

ボルト類をはずしたら、内装を半分めくった状態で手を突っ込ん、交換。ちょっと手が痛くなりますが、バッフルつけて配線して…

プレマシー(CW)の純正リアスピーカーをパイオニア TS-F1720に交換
内装の下半分、黒い部分を引っ張って中を見てるところ。引っ張りつつ交換作業します。

交換完了です。

交換の効果ですが、後ろのスピーカーは前に座ってる分にはよくわからないものの、後部座席に座れば流石によく鳴ってるのがわかります。まあ5000円なりではありますが、もう「AMラジオ」とは言わせない!

後は低音をちょこっとブースとして中音域をカット、高音域はほぼそのままという感じにイコライザーをちょいせい。かなりいい感じになったのでは無いでしょうか。

こんな感じにしました

カーオーディオに関しては異様に金をかけるオーディオマニア、カーオーディオの音質改善など無駄だと言い張るピュアーオーディオがすぎて仙人になった人などいろいろな考え方があると思いますが、フツーの人はそこそこの費用でそこそこの効果ってのが重要です。今回は前後合わせて16000円のスピーカーと5000円のデッドニングキットですが、運転席だけでよければ10000+2500円なので効果を考えればなかなかのコストパフォーマンスなのではないかと思います。作業も少々手間はかかるもののドライバーとスパナ、(この時くらいしか使わないと割り切れば)安い電工ペンチ、内装はがしがあれば十分なのでやる価値ありです。

パイオニア carrozzeria 17cmセパレート2ウェイスピーカー TS-F1720S

パイオニア carrozzeria 17cmセパレート2ウェイスピーカー TS-F1720S TS-F1720S

パイオニア carrozzeria 17cm2ウェイスピーカー TS-F1720

パイオニア carrozzeria 17cm2ウェイスピーカー TS-F1720

エーモン ボーカルはっきりキット 2441

エーモン 2441 ボーカルはっきりキット

スピーカー交換(フロント/TS-F1720S)

プレマシーのフロントスピーカー
純正スピーカー(フロント)。リアも同じのがついてます

プレマシーで音楽をかけて真っ先に気づくこと。スピーカーしょぼい!

かなり軽い音で低音がスカスカなのまもちろん、カサカサ耳障りな感じです。音にすごいこだわると言う方でもないんですが、とはいえ少しはまともな音で効きたいところ。大げさなことはしなくとも、最低限の価格でソコソコなレベルまで改善したいところです。

そこで購入したのがパイオニアのスピーカー。206の時もパイオニアのやつを使ってましたが、オートバックスとかでいろいろ視聴してもやはりパイオニアのヤツが私好みな感じ。今回はケチってフロントだけコアキシャルタイプのやつにしておけばいいかなぁと思ったんですが、ヨメさんに「AMラジオみたいな音」と言われリアも交換することにしました。

慣れてる人はサクサク交換するんでしょうが、シロートはせいぜい乗り換えた車の台数くらいしかやったしたことないわけで…結構時間かかりました。

必要なもの

  • 内装剥がし
  • ドライバー(+)
  • 電工ペンチ
  • ソケットレンチ+エクステンションバー(リアスピーカー交換の場合)
  • ギボシ端子(エレクトロタップ不可)

内装はがし、私は苦手なので例によって爪を何本か折りましたが…ま、まあ細かいことはキニシナイということで(気にする人は予ツメの備を買っておきましょう)。ちなみに内装剥がしも折れました…。ツメの位置がわかってれば&プラの内装剥がしじゃなく金属製のを使っておけば折るリスクは最小限になるはずです。

まずはフロントから。

TS-F1720S/TS-F1720にはマツダ車用バッフル(スピーカー固定用の板)は入ってますが、コネクタは入ってません。なので、元のスピーカーについてるプラスマイナシ2本のケーブルは問答無用でぶった切ります。

キボシで繋いで、バッフルとスピーカーを固定。ツイーターはドアミラー付け根のカバーにドリルで穴をあけて取り付けました。

スピーカーついでに合わせて買ったエーモンのデッドニング…というほどでもない簡易な吸音/振動防止剤キットを貼って音がなるかテスト。確認せず内装を戻すとなんか間違ってた時に超絶面倒なことになります。
(ついでに3000円ほどで買えるリモコンドアロック連動ミラー収納コントローラーもつけましたが長くなるのでまた次回)

肝心の音ですが、流石に純正よりは大分閉まった音がするし、ツイーターのおかげで下の方から鳴ってる感じが軽減されます。ただ少々鳴り過ぎの感もありシャリシャリ感もあるのでネットワークのスイッチでちょっと控えめに切り替え。こんなこともあろうかとドアポケットを外せばギリギリ手が届く位置にネットワークを貼り付けておいたおれはエライと思います。

長くなったのでリアは別記事で。

パイオニア carrozzeria 17cmセパレート2ウェイスピーカー TS-F1720S

Amazon

パイオニア carrozzeria 17cm2ウェイスピーカー TS-F1720

Amazon

エーモン ボーカルはっきりキット 2441

Amazon

ミラリード バンパーモール

プレマシー乗りには御馴染みのバンパーモールです。といってもバンパーモールとして使うのではなく、ケンスタイル「D-Linerフォグランプガーニッシュ」の代わり。

これ最初に気づいた人は偉いなーと思う訳ですが、本家ケンスタイルの18,000円という値段を見ればこんなもん何かで代用できるんじゃねーの?と考えるのはごもっともであります。

KENSTYLE D-Linerフォグランプガーニッシュ

http://www.kenstyle.co.jp/special/premacy/

ご覧の通り本家は凝った形状になってるのは確かですが、18,000円はちょっとねぇ。

MIRAREED JR-053 バンパーモール360

http://www.mirareed.co.jp/products/detail.php?id=JR-053

こちらは価格表記がありませんが(オープンプライス?)実売で3000円代半ば〜といったところ。パッケージがリニューアルされたタイミングがあって、一時期ヤフオクで型落ち品(モノは同じ)がちょっと安く出てましたが、残念ながら今はもうありません。

で、こうなりました。

ミラリード プレミアムシリーズ バンパーモール360mm
ちょっと短いけど。それよりフォグが無いのが気になるな…

リアの方(D-Linerフォグランプガーニッシュ)はさすがに代用になるようなものもないので、本家の方を買うしか無いなーと思いつつ、Amazonのカートに突っ込んだまま数ヶ月が経過しました。高いよ…