HIDコンバージョンキット選び

暗すぎて市街地とか周りが明るいところだと「ライト付け忘れたか??」と思ってしまうほど暗いプレマシーのライトをどうにかしたい計画第二弾です。第一弾(高効率ハロゲン)がコケたので、HID化。

結論から言うと選んだのはRacingGearの「PowerHID VR4」です。

RG Lighting System PowerHID VR4
RacingGear PowerHID VR4

下調べ&HID選び

これを選んだ理由は予算と、これが結構な問題だったわけですがアイドリングストップ対応であることです。

HIDと言えば高級品であるベロフや得体の知れない中華HIDまでいろいろですが、クッソまぶしいアホ丸だしみたいな状態はさけたいので、激安品は却下。とはいえベロフに7万も8万も出すくらいだったら最初から「20S」買っておけばいいわけで、できるだけ安くかつ品質的に問題のないものの妥協点を探すことになるわけです。

HIDの価格帯は上の方から10万円近いBELLOF、PIAA、レイブリック、お手頃なRacingGearやFET/CATZ、2万円以下のfcl.やYOURS、ヤフオクものとかだと5000円以下なんてのもありますね。さらに話をややこしくしてるのはバーナーやバラストはOEM製品で構成されてるのでBELLOFもCATZも同じ何じゃないの?みたいな疑問もあったり、PIAAの上位モデルと下位モデルが10万円/5万円と倍だったりなにその価格差?とかいろいろ疑問の多い業界であります。。

実売2万円台のCATZとRacingGear

とりあえずソコソコの価格のもので選択枝に上がったのが基本的にオートバックス直販のみでコストを下げたCATZのECOLTY、もう一つはRacingGear「Power HID VR4」。両方とも3万円以下で購入できます。
CATZは通常のラインナップと同じであればバーナーがフィリップスでバラストは松下…らしい。エコルティはパーツ構成とパッケージの簡略化などでコストダウンしたということですからパーツは同じだと思いたいですが、情報が不足していて詳細まではわかりませんでした。安いところだと26800円とかで買えます。

一方のRacingGearは「VR4」の後ろの数字の表す通り継続的に改良されてるのもよいところです。上位モデルとして防水処理がパワーアップしたPREMIUM MODELなるものもありますけどまぁ水没しなきゃ関係ないだろ、ってことで通常モデルでOK。こちらはバーナーがオスラムでバラストが三菱…らしい。こちらも26800円。

で、両方とも国内メーカーでOEM先も全うなwメーカーですから特に問題ないだろうということですが、プレマシーの場合に気をつけなければならない点が一つ、それがアイドリングストップであるということです。

さて、わずか6680円で導入できるfcl.のHIDを例にとると「※アイドリングストップ機能装備車のうち、一部のお車へお取付の場合、アイドリングストップ時の電圧降下に伴い片側消灯などの症状が発生する場合がございます。」とある通り、エンジン停止中問題が生じる可能性があります。どうも車種によるようで、プレマシーの場合は始動用のバッテリーを別に積んでるので大丈夫かなーと思うんですが、いろいろ調べても結局よくわかりませんでした。手っ取り早いのはみんカラとかで装着例を探すことですが、そもそもプレマシーはHID装着車があるわけで、あんまり事例がないんですね。ハロゲンの高効率バルブとたいして違わないくらいなんだから試してみればいいじゃん!と言いたいところですが、そもそもクオリティにも差があるわけですし、保安部品で人柱するのもちょっと、という感じ。

決め手はアイドリングストップ対応

そんなわけでかなり調べたんですが、だんだん面倒になってきました。となれば選択肢は一つ。RacingGearはウェブサイトにもデカデカと「アイドリングストップ」対応を唄っており、調べたところプレマシーに関してもちゃんとCWの対応状況が載っています(メインのバッテリーに接続すれば問題無し)。
それともう一つは純正(4500Kくらい)と同じでもつまらないかなとは思うものの、あんまり青白いのもいかにもって感じなので避けたいというところ。RacingGear はHIDで一般的な6000Kよりちょっとだけ控えめの5500Kがラインナップされてるいうのもポイントになりました。(HIDキットは4500/5500/6500、上位のプレミアムモデルのHIDキットなら2800/4500/5500/6300/超光束6200/6700/10000Kがあります。一部は競技車専用品)

ということで「PowerHID VR4 H9/H11 5500K RGH-CB957」を購入しました。取り付けは次の記事で。

Racing gear HIDキット VR4 ヘッド/フォグ共有可能 車検対応 12V H9/H11 5500K RGH-CB957

AutoExe エクゾーストフィニッシャー

IMG_7396
プレマシー(20E)のマフラーエンド。細くて長い…

C4はマフラーの先っちょがバンパーに隠れて外から見えないようになってましたが(下向き排気)、プレマシーの20S/Prestige以外はトラのチ●チンみたいな情けないのが見えてます。
ミニバンだしATだしズボボボ言わせて走りたいわけじゃないんだけど、ちょっと格好悪いのでマフラーカッターをつけることにしました。

シトロエンC4のリア
こちらはC4。左下にマフラーエンドがあるんだけど、全然見えない

オートバックスとかで売ってる3000円くらいの安いのでいいかとも思ったんですが、なんともいえないビミョーな質感(安っぽい)に脱力。所詮トラのチ●コケースではありますが、「チ●コケース付けました」感がプンプンするのは勘弁願いたいところです。

とはいえ純正オプションは結構なお値段。
他になんかよさげなのはないかと探して候補に上がったのがAutoExeのエクゾーストフィニッシャーと、5ZIGENのマフラーカッター。AutoExeはディーラーにもカタログありますね。

それぞれ公式サイトにプレマシーに実際取り付けた様子が出てます。

前者が12,600円、後者は9,800円なり。こっちも結構たけーなおい。
2,800円の差に苦悩しながらも、見た目が自然で後付けっぽくないAutoExeの方にしました。クルマ注文する時にサービスで付けてくれってお願いしときゃよかったな。

とはいえ取付けはボルト一本、メガネレンチかスパナで一瞬で終了。一応締め付けトルク指定がありますがトルクレンチが無いのでその辺はカンで…

AutoExe エグゾーストフィニッシャー(プレマシーCW用)
太くなりました。できるだけ出っ張らないように一番置くまで突っ込んで付けてるので、離れてみるとあんまり目立たないです。

いいですね。取り付けた後ヨメさんも気づいてないし(206の時は純正のステンレスマフラーが70,000円だとバレて怒られた)、後付けって言わなきゃ最初からこうだったかも?って感じです。

AutoExe エグゾーストフィニッシャー

5ZIGEN マフラーカッター

「MAZDA PREMACY 2.0E」納車

長いことまたされてようやく納車日。

C4もちょこっと奇麗にしました。ムスメ1号は別れが寂しい様子です、私のコンデジを持ち出して写真を撮ったようです。全部ドアップで何がうつってるんだかわかりませんが、気持ちだけは伝わりました。

プレマシーのボディーカラーはメトロポリタングレーマイカと迷いましたが、ヨメさんの意見もあり、カッパーレッドマイカ。C4のルージュルシフェールと比べると少しだけ彩度を落としたような赤ですが、似たような色ではあります。これなら車が変わっても秋の長雨で膨らんじゃってといえばわからないレベルです(無理)
ちなみに色選びに関しては商談をしていたディーラーにカッパーレッドマイカの現物がなく、わざわざ系列店から持ってきてもらって検討しました。ありがとうございます>営業さん

実物を見るとリアスポイラー付けときゃよかったとか、アルミは16インチにすりゃよかったとかいろんな思いが頭をよぎりますが、ともかくまっさらの新車は嬉しいものです。

実は納車が待ちきれず先走って注文したモノがいくつかありますw
ヨメさんには内緒でちょっとづつ取り付けようと思います。

プレマシーとアクセラ、突然のデミオ

さて、昨日の試乗周りでなんとなくプレマシーな雰囲気になってきたところで嫁さんがマツダで貰ったチラシを見て、燃費がいいし維持費も安いデミオでいいんじゃないの?という少々無理のある提案。今回はヨメさん「も」乗るから乗りやすいヤツ、というのもあるんですが、とはいえ9割以上は私が家族みんなを乗せてということになるわけです。
まあ安いし燃費もいいし、デミオもスカイアクティブ化したわけで、こちらも気になってたアクセラと一緒に見せてもらおうか、ということになりました。

…で、なぜか昨日のマツダではない、販社の違うマツダを見に行きました。競合させる、というわけでもないんだけど、条件を比較したいのと、実はC4をぶつけて板金してもらったのはここの販社(の別店舗)。あとこっちの店だと有料道路で150円かかるものの早く来られるのもメリットです。

そんなわけで別のマツダ、別の営業マンになりました。こちらは昨日のマツダよりもうちょっと若いけど同じく落ち着いた感じです。マツダの営業マンのクオリティが高いのかたまたまなのかは謎ですが、多分後者ですね(笑)

デミオ、確かにフィットとかに比べると背が低いこともあり広さは感じませんが、このサイズならこんなもんかという感じです。206より気持ち広いようなそうでも無いような、といったところ。
とはいえ荷室は狭い。206だとギリギリ乗せられたベビーカーはこれだとちょっと無理そうな雰囲気。
ということで、やはり無理がある。あとエンジンが改良されたとはいえデザインは少々モデル末期感が漂います。悪くはないんだけど。

で、アクセラですが、プレマシーと一緒に隣に並べてくれました。比較しやすくてよいです。

アクセラはC4と比べると大分後部座席に余裕があります。先代も結構余裕があった気がするけど、それよりさらに良くなってる印象。てかC4が狭いんですね。ガラスルーフにしたせいで頭上も狭いし(ガラスルーフを装着するとカバーの収納部分が出っ張るので狭くなる)。

とはいえやはり同じサイズ、同じ構成(5ドアハッチバック)で買い替えるのは、ATとかに不安があったりということはあるものの、やはり買い替える必然性自体がうすーくなります。

と考えると、インプレッサとかもやっぱり無しだなぁ。ということでやはり本命はプレマシーのようです。

見せてもらったのは上位モデルの20S。装備が違うだけで基本は一緒です。シートがサイド革張りになってるから内装の印象はかなり違う。

乗った感じは昨日と同じですが、16inchのこちらの方が好印象。それ以外はほとんど一緒ですが、コースが違うのでいろいろわかりました。結果としてはミニバンの割にとても好印象で、プレマシーはやはりいい選択なのでは無いかという気がします。ほぼ決まり。あとは予算の問題のみ。

試乗

候補車が絞れた(?)のでディーラー巡りです。小さいのを家に残していくわけにもいかないので、家族4人でゾロゾロと行ってきました。

Mazda PREMACY

家から遠い順に回ろう、というわけで最初に行ったのはマツダ。営業さんはベテランの営業部長さん、物腰柔らかで好印象。

さて、プレマシーの第一印象はアクセラを縦に膨らませた感じでした。まあ見たままです。悪くないです。
営業さんに丁寧に説明してもらいつつ、早速試乗。グレードはiStop付きの20E。

良かったのは自然なハンドリング。父が乗る某国産ワゴンはステアリングの中立付近が心もとなく、かつかなり軽いのがなんとも私を不安な気分にさせましたが、しっとり適度な重さで切ればしっかり反応する印象。一方でパワステのサポート量が低速と中速でもうちょっと自然に変わってくれるといいのになーと思いました。

あと車重が1500kg(電動スライドドアモデル)を越えることもあってかブレーキイマイチ効かない。特に踏み始めの効きが悪く、C4と同じ感じで踏んだらおっとっとっと、となりました。初期の食いつきの良さ/悪さに関しては、ヨーロッパ車と日本車の違いみたいなところもあると思うので、特別これが悪いということも無いんだと思うけど、好みの問題ですかね。C4が少々カックンブレーキ気味だったのもそう感じる所以かもしれません。減ってきた時に社外品に変えちゃえばタッチも変わるかな。ただしC4右ハンドルはマスターシリンダーが左側にある手抜き右ハンドル化だったので、それと比べると大分しっかり感があります。C4はブレーキ踏むと左側からフシュって音するんですよ…

エンジンは可もなく不可もなく。5ATは今どきならもっと多段化してもという気もしますがとはいえスムーズで4ATのC4と比べれば当然ながら格段にいいです。

スライドドアはやっぱり便利です。子供も広いので大喜び。
2列目は十分、三列目も子供が乗ったり荷室にするならこれでOK。というか基本的には倒して荷室かな。

内装の質感ははっきり言って低いです。C4も普通にプラスチックですがシボ加工のパターンが工夫されていて安っぽく見えないんですけど、これはいかにもプラって感じ。シートは大振りでまあまあ。ホールドはそんなに良くないですが、悪くないです。ただしシートのファブリックはかなり残念。C4のアルカンターラとは比べようも無い。あれはあれでジーンズで乗ったりすると毛がまとまってきたりするので、こういう方が気兼ねなく使えるのはメリットとも言えますが、にしても質感はもうちょっとどうにかならんかなぁ。

全体的にはなかなか好印象。何よりミニバンでもなかなかいい感じに走ることとスライドドアの実用性の両方を兼ね備えてるところが今回の買替えの目的にはピッタリ。

見積りの方は、とりあえず上と下の幅を見たいということで、試乗した20Eと特別仕様車のPrestige IIで出してもらいました。双方とも店舗在庫なら色は選べないものの結構いろいろと装備のついたヤツがなかなかお得な価格で出てます、とのこと。本社主導でナビプレゼントキャンペーン中なのでディーラーとしてもその分いろいろつけたり割り引いたりできてお買い得にできるからいいんですよ、とのこと。確かに車両本体+オプションの値段と実際の購入価格を比べると結構な値引き率です。まあプレマシーは細かいものがいろいろオプションになっちゃってるので、本体以外が結構かさむのが難点ではありますが。

下取りは、マツダは昔シトロエンも扱ってたしがんばります、といわれたものの50万円。4年7ヶ月、4万2千km走行のC4….そんなもんなのか(血涙)。206は同じような条件で70万だったんだけど、まぁPSA同士での乗り換え出し、206はC4と違って人気車だし…にしても悲しい。

NISSAN JUKE

続いては日産。
逆三角形のマッチョでいかにも体育会系といった雰囲気の営業マン。9末なのでがんばります的アピールはちょっとアレですがまぁどこもそんなもんですね。ただでかい買い物する時に「今日決めていただければ●万円引き」的な話ははっきり言って逆効果だと思う。まだ最初だからいろいろ回ってるって言ったはずですよ。悪い人じゃないんですが。

Jukeは実物を見るとなかなか立派です。抑揚のあるデザインで存在感があるし、全長が短い割りにはちゃんとドアを4枚確保してるし、ドアノブもピラーに溶け込ませてあったりと芸が細かい。アルファも156とかでこんなドアノブにしてましたね。

ただ正直内装はやり過ぎな感じ。特にうねうねのセンターコンソールはせめてもうちょっと質感がよければなぁと思います。玉虫みたい。ドアノブもクロームメッキが上質感を演出…できてりゃいいんですけど、形状のこともあっておもちゃっぽい。

幅はC4とほぼ同じだけど高さがあるので視界は良好、ライトの出っ張りでボンネットの長さはつかみやすい。窓の形状で後ろは少々見づらいけど、バックミラーがでかいので斜め後ろは良好。
後部座席はコンパクトカーなりのサイズ。ただし窓が小さいので包まれ感はあるけど逆に言えば圧迫感もある。

営業マンも言ってたけど、結局のところこれはそういう細かい話抜きにJukeのスタイルが気に入るか否かが全て。そういう意味では気に入ったし、ドアは4枚なのでこのくらいの広さならなんとか…と思ったけどさすがにヨメとムスメに反対されました。そもそも乗り換えるにあたって子供の乗り降りが重要なポイントだったので、確かに無いかな。

乗っても1500にしては結構いい感じだし、スタイルも格好いい。最初からわかってたけどファミリーカーには不向きということで残念ながら無し。

一応見積りも貰いましたが、こちらもナビキャンペーンと、店舗で設定してるお買い得プランならそこそこの値引き。下取りはガイシャなので時間かかっちゃってなかなか出ないんです、よろしければあとで連絡します、とのことで不明。そんなに怪しいですか、わしのC4は。
トータルとしてはそもそも車両が安めなので、全体的にはおさえられてて結構引かれます。子供いなけりゃありだったなー。

Honda Stream

最後にストリーム。これは実は一番期待してました。元ホンダユーザーだし、バイクもホンダ乗ってたし。

営業マンはちょっと売る気が全面に出ててなんだかなーという感じ。こちらも9末決算をアピール。正直ウザい。

さて、肝心のクルマはやはりシャープなデザインでちょっと若過ぎる感じもあるもののなかなかいいです。ミニバンっぽくない。ヒンジのドアだけど中はコンパクトミニバンなりに広く、予想外に内装の質感が高かった。まぁ運転席周りのシルバー、特にハンドルまわりとかはもっとどうにかならんのかとは思いますが。インサイトとか外装も未来的な感じだとマッチするんだと思いますけど、ストリームは外観は極めて普通系の格好良さなので。

さて、ホンダというと低床体重心ミニバン、ということなんですが、比較対象がプレマシーだったこともあって変わらない印象。走り出すとキビキビしてますが、ステアリングの感触は切り込んじゃえばいいけど、どうも中立付近にちょっとスカスカ部分があるのが気持ち悪い。あと足回りが固いです。ホンダらしいし、これはヨソのミニバンとは違うんだよ!っていう主張はわかりますが、乗り心地のいいC4からの乗り換えなのでちょっと許容できない足回り。

スタイルはいい、サイズも(幅は)小さい、でもスライドドアじゃない、足が硬い…ちょっと微妙。

それでもヨメさんが内装が前の2台よりよくて、広さもまあまあなので結構気に入ってましたが、ここで営業マンがヨメがターゲットだと判断したらしくフリードを大プッシュ。

確かに5ナンバー、長さが短い、そこそこ広くてスライドドアとまさに今回の買替え目的にはピッタリです。燃費もいいし、価格もちょっと安い。ハイブリッドは初期費用が高いし、燃費は変わらないからガソリンエンジンをお勧めします、というそれだけを聞けば客のためを思って、という気もします。

が、最初に言った通り、いろいろ見た結果ストリームを検討したい、と伝えたはず。はっきり言ってしまえば、フリードは実用車然としたスタイルがあまり好きじゃなくて選択肢から外してるんです。狭いし。それをプッシュされても全く買う気になれない。

ヨメさんの方を押せば買うだろうとか、モデル末期のストリームよりフリードの方を売りたい、とかいろいろな事が透けて見えるわけですよ。でもそれって客じゃなくて営業の都合だよね? そういうの客にも伝わるんですよ。わからないくらいバカだと思われたんだろうか。

それはさておき、とりあえず一応両方の見積りが出てきました。
が!全く値引額を教えてくれるつもりがないらしく、買うならがんばって値引きさせますとのこと。値段わからないんじゃ買えねーよ。 C4の下取りもマツダで60万出てるんで(←ふっかけた)そのくらいはよろしく、と言ったら車両を見に行ったまままー戻ってこない。上司といろいろ相談してるところが丸見えなのでかなり厳しいんだと思われます。

ここで店長登場。もー衝撃的にウザい。そして買ってくれるならがんばります的な話で具体的な話が無い。
値引きはマツダさんとかニッサンさんはいいんですよね、トヨタさんはそれより落ちる、ウチはもうガッカリするくらい値引きができないんですよ。安く売りたいんですけどね?でもね、ホンダはわざと高い値段を付けて値引きをするようなマネは…云々。
おまけにそういう中身の無い話を体をクネクネ傾けて手もみしながらこちらが口を挟む余地も無く延々と話し続けるのですんごいイライラする。そういうお笑いネタなのかと思うほどウザい。ストリームというクルマ自体は悪くないのに完璧に買う気が完璧に失せました。他社の悪口を言わないと自社を高められないような営業マンは爆発してしまえ。(と、家を買う時にも思ったな…)

途中から悪循環ループになって印象が最悪になりましたが、ホンダは嫌いじゃないです。元オーナーだし。ただあの店は二度と行かないと思う。

というわけで今日見た感じではプレマシーが残りました。

とはいえこれで決まりというわけじゃなく、未練がましくアクセラとかもちょっと見せてもらうことにして初日は終了です。

候補車選び

C4はできるだけ長く乗るつもりではいたんですが、ATの不調、修理、不調…という中で心がポキリと折れてから次の車に乗り換えよう!と決めるまでは結構早かったです。思えば●千万のマンションも2週間で売ったわけですが。

買わないつもりでいながらも当然次に家族も増えてデカいチャイルドシートが邪魔になったら、広い車が必要になったら当然C4ピカソ(出来ればモデルチェンジしてから)にするんだ!とか考えてはいました。が、いろいろトラブルを経て改めて買い替えを検討するとピカソの6EGSも正直不安なので、そしてヨメさんのガイシャ禁止令が出たので当然ながらピカソはボツになりました。乗っただけで楽しくなる他には無いいい車だと思うんですけど、壊れたら笑って直すような余裕は今の私には無いです。

Golf Touranとかなら壊れないんじゃね?と思ったが、どうも調べるとDSGも結構怪しいらしい。 壊れない普通のATがいいよね、ということで、そしてヨメさんの意見もあり、国産車から探してみることにしました。

当然ながら最優先は予算ですが、子供(特に下の子=0歳)をチャイルドシートに載せやすい、つまり広いことと、壊れないことも重要。壊れないってのは結局当たり外れもありますが、あんまり変わった機能がついてないというのがポイントです。ハイブリッドとかバッテリーヘタったらどうなるんだろ… それと実は新居の駐車場が結構狭いので、大きさはC4程度まで(幅1750くらい)。ウチの駐車場は土地が旗竿なので竿部分に止めるわけですが、結構な細さです。知人のエルグランドとかムラーノとかでっかい車が止めてるんだから入らないわけじゃないんですが、毎日だとさすがに辛いわけです。

あとできればデザインがヘボくないやつ…。

そんな感じで出てきた候補が

  • ホンダ ストリーム
  • マツダ プレマシー
  • マツダ アクセラ
  • スバル インプレッサ
  • スバル XV
  • ニッサン ジューク

バラバラですね。

バラバラな理由は今までひたすらハッチバックを乗り継いできたので – シビック(EG-4) アルトワークス(E-HB11S) 206XS(GH-T1NFU) シトロエンC4 2.0EX(ABA-B5RFJ) – いろいろ見てみたいというのがあります。特に国産車事情にすっかり疎くなってしまって、昔とどう違うのか興味があります。

ミニバン(低床)

家族4人で乗りやすくて実用的で、となると真っ先に思いつくのはミニバンです。とはいえ友人達がアルファGTVからオデッセイに乗り換えたりするのを見る度に「おまえもか」とか言ってたわけですが、実際子供増えるとスライドドアは便利だなーと思うわけです。

C4の次のミニバンとなればC4 Piccasoとかルノーカングーとかに行くのが当然のような気がしますが、前述のような理由で国産車です。

ので国産ミニバンでせめて格好悪くないヤツ、選ばれたのはホンダのストリームとマツダのプレマシー。ミニバンでコンパクトまたはスライドドアという条件だけで言えば他に山ほど出てきそうですが、スタイリングの好みの問題で全て却下です。いかにもハコでございます、って感じの四角い車はいまいち好きになれず・・・

ストリームはミニバンのくせにホンダらしく低めでシャープなフォルムなのが選んだポイント。5ナンバーだから駐車場も入れやすい?かも。モデル末期なので安くしてくれるんじゃないかという期待もありました。気になるのは最近のホンダらしくサイバーなコックピット…C4は奇抜な工夫があっても質感が高いからいいんですが、シルバー塗装はちょっとなぁという印象。5ナンバーサイズなのはメリット、スライドドアではないのがデメリット。あと昔シビック(EG-4)に乗ってたのでホンダにはちょっと親近感があります。

プレマシーも同じく他のミニバンと違い個性があるのと、以下にもミニバン的な「ハコ」っぽい印象が薄いのが気に入りました。サイズ的にはC4よりちょこっとだけ小さいけどほぼ同じ横幅。とはいえこちらはスライドドアなので大人の乗降はもちろんこども抱えて乗せたり下ろしたりにはかなりいいのではないかと推測。ちなみに以前ぶつけた時に近くにPSA取扱いディーラーがなく、以前シトロエンを売ってた近所のマツダ(昔シトロエン売ってた)に修理に出したことがあるのでちょこっと関係があるともいえます。

5ドアハッチバック

単純にC4の置き換えで、新しい分パッケージングが良くなって、多少なりとも広いんじゃないかと予想。

そんな中で選んだ二台がアクセラとインプレッサ。アクセラはスカイアクティブが、インプレッサはEye Sightが気になるところ。

コンパクトSUV

車のジャンルがどうというより単純にこの価格帯の国産車の中では頭一つ抜けてデザインが面白いので。XVはまだ実車がないし、ちょっと高くなり様な予感。ジュークは狭そうなので一応中を見てみたいなー、という程度です。

それとスバルは弟が富士重工関係で働いてるので値引きがあるはず!と思ったんですが、昔はともかく(3割とか引いてくれたはず)今はほとんど普通に買うのと変わらないという話でちょっとガッカリ。

ちなみにマツダ、スバル、ニッサンというラインナップになりましたが、技術にコダワリのあるメーカーは好きです。あとマツダのニッサンは最近デザイン面でかなり頑張ってる印象もあり、こういう選択になりました。

大手を振って試乗しまくれるチャンスなので、いろいろ乗ってみよう!というわけで週末に家族全員でディーラー巡をすることになりました。嫁さんも乗るかもしれないし(←ペーパードライバー)一応意見を聞かなけりゃならんので。