契約

さて、心はほぼプレマシーですが、後は予算の問題をクリアできるかどうか。クリアってか、どこまで安くできるか、どのグレードなら買えるのか、という話になります。

20Sかプレステージがいいのは当然ですが、いいものは高い。前のディーラー(他のマツダ)は現品限りの一発価格の車両がありましたが、それはそれでいろいろ選択の余地がないので辛い。その値段からは引きませんって感じだったし。

とりあえず20Eで詳しい見積りを出してもらい、さらに必要最低限のオプションを選択。このオプションってのがくせ者です。
シトロエンみたいな(日本では)マイナーなメーカーは導入されるグレードが限られてて全部入りか、まぁまぁ、みたいなグレードしか選択肢がないので迷わないわけです。実際C4 2.0 exclusiveってのはその仰々しいネーミングの通り、各種スポイラー、17インチアルミ、キセノン&ディレクショナルヘッドライト、クルーズコントロール等々一昔前の車にも関わらず快適装備は大抵ついてたわけですが、プレマシー、それも20Eという中間グレードだと結構細かいところまでオプション。

とりあえずつけると重くなってエコカー減税の対象となるという謎の税制について改めて考えさせられる片側電動スライドドア、パーキングセンサーと迷いましたが前後のカメラ(駐車場狭いので)、後付けでもいいかと思ったけどバイザーの裏にキッチリ収まるのでつけちゃえのETC、あとフロアマットとドアバイザー。必要なもの最低限のオプションを付けました。あといらないような気がするけどした方がいいとお勧めされたボディーコーティング、メンテパックと延長保証(C4の経験からw)をつけました。カメラとボディーコーティングはおまけ、ナビはキャンペーン中につき無料。

さらに下取りの値段を「昔マツダはユーノスでシトロエン扱ってたつながり」というわけのわからない理由をつけながら上げてもらい、大体ネットで言われてる目標値引き額と同じようなところまで引いてもらいました。さらにハンコ押す前にアルミホイールつけてくれれば押したくなるかも…などとお願いしてようやくサイン。しつこくてすみませんね。

細かい事言うと、値引きの書き方がわかりづらくて本当に引いてくれたのがどうかよくわからないというカオスな注文書でした。

あとオプションでカーテンエアバッグの項目があったんで、付いてませんでしたっけ?と聞くと、付けるとこれだけじゃなく他にも変えなくちゃならなくてこの値段だけじゃすまないので結構高くなっちゃいますよ、という返答を頂いたんだけど、そもそも最初から付いてました。マイナーチェンジで2WD全車標準になったので営業さんの勘違い。

安全装備について言うと、マツダは全席三点シートベルトとかヘッドレストを付けたりとか、ごく当たり前のことをちゃんとしててよいと思います。というかマツダがいいんじゃなくて、他のメーカーでこの手の装備を省いてまでコストダウンしてるところはもうちょっと考えろよ、って感じですね。そんなに金のかかるような個所じゃないのに…。まあウォークスルーが出来るのをいいことにミニバンの中で子供を歩かせてても平気な人も多いから無くても誰も気にしないだろうって判断なんでしょうけど。私はすっごい気にしますがね。

エコカー補助金(10万円)はタイミング的にギリギリということで、あまり期待しないようにしつつ、手続きはできるだけ早めにする方向で。

工場の在庫を確認して、車検証の発行だけ先に手配した結果、どうやら最終日の申し込みで貰えることになった模様。報道ベースなので、実際に振り込まれるまでなんだか不安ではありますが、10万円はでかいのでよかったです。
しかし車検証はあるのに先走った手続きと台風の影響と諸々で納車まで3週間近くかかることに。決まったら決まったで一日も早く新しい方に乗りたいのに…。

試乗

候補車が絞れた(?)のでディーラー巡りです。小さいのを家に残していくわけにもいかないので、家族4人でゾロゾロと行ってきました。

Mazda PREMACY

家から遠い順に回ろう、というわけで最初に行ったのはマツダ。営業さんはベテランの営業部長さん、物腰柔らかで好印象。

さて、プレマシーの第一印象はアクセラを縦に膨らませた感じでした。まあ見たままです。悪くないです。
営業さんに丁寧に説明してもらいつつ、早速試乗。グレードはiStop付きの20E。

良かったのは自然なハンドリング。父が乗る某国産ワゴンはステアリングの中立付近が心もとなく、かつかなり軽いのがなんとも私を不安な気分にさせましたが、しっとり適度な重さで切ればしっかり反応する印象。一方でパワステのサポート量が低速と中速でもうちょっと自然に変わってくれるといいのになーと思いました。

あと車重が1500kg(電動スライドドアモデル)を越えることもあってかブレーキイマイチ効かない。特に踏み始めの効きが悪く、C4と同じ感じで踏んだらおっとっとっと、となりました。初期の食いつきの良さ/悪さに関しては、ヨーロッパ車と日本車の違いみたいなところもあると思うので、特別これが悪いということも無いんだと思うけど、好みの問題ですかね。C4が少々カックンブレーキ気味だったのもそう感じる所以かもしれません。減ってきた時に社外品に変えちゃえばタッチも変わるかな。ただしC4右ハンドルはマスターシリンダーが左側にある手抜き右ハンドル化だったので、それと比べると大分しっかり感があります。C4はブレーキ踏むと左側からフシュって音するんですよ…

エンジンは可もなく不可もなく。5ATは今どきならもっと多段化してもという気もしますがとはいえスムーズで4ATのC4と比べれば当然ながら格段にいいです。

スライドドアはやっぱり便利です。子供も広いので大喜び。
2列目は十分、三列目も子供が乗ったり荷室にするならこれでOK。というか基本的には倒して荷室かな。

内装の質感ははっきり言って低いです。C4も普通にプラスチックですがシボ加工のパターンが工夫されていて安っぽく見えないんですけど、これはいかにもプラって感じ。シートは大振りでまあまあ。ホールドはそんなに良くないですが、悪くないです。ただしシートのファブリックはかなり残念。C4のアルカンターラとは比べようも無い。あれはあれでジーンズで乗ったりすると毛がまとまってきたりするので、こういう方が気兼ねなく使えるのはメリットとも言えますが、にしても質感はもうちょっとどうにかならんかなぁ。

全体的にはなかなか好印象。何よりミニバンでもなかなかいい感じに走ることとスライドドアの実用性の両方を兼ね備えてるところが今回の買替えの目的にはピッタリ。

見積りの方は、とりあえず上と下の幅を見たいということで、試乗した20Eと特別仕様車のPrestige IIで出してもらいました。双方とも店舗在庫なら色は選べないものの結構いろいろと装備のついたヤツがなかなかお得な価格で出てます、とのこと。本社主導でナビプレゼントキャンペーン中なのでディーラーとしてもその分いろいろつけたり割り引いたりできてお買い得にできるからいいんですよ、とのこと。確かに車両本体+オプションの値段と実際の購入価格を比べると結構な値引き率です。まあプレマシーは細かいものがいろいろオプションになっちゃってるので、本体以外が結構かさむのが難点ではありますが。

下取りは、マツダは昔シトロエンも扱ってたしがんばります、といわれたものの50万円。4年7ヶ月、4万2千km走行のC4….そんなもんなのか(血涙)。206は同じような条件で70万だったんだけど、まぁPSA同士での乗り換え出し、206はC4と違って人気車だし…にしても悲しい。

NISSAN JUKE

続いては日産。
逆三角形のマッチョでいかにも体育会系といった雰囲気の営業マン。9末なのでがんばります的アピールはちょっとアレですがまぁどこもそんなもんですね。ただでかい買い物する時に「今日決めていただければ●万円引き」的な話ははっきり言って逆効果だと思う。まだ最初だからいろいろ回ってるって言ったはずですよ。悪い人じゃないんですが。

Jukeは実物を見るとなかなか立派です。抑揚のあるデザインで存在感があるし、全長が短い割りにはちゃんとドアを4枚確保してるし、ドアノブもピラーに溶け込ませてあったりと芸が細かい。アルファも156とかでこんなドアノブにしてましたね。

ただ正直内装はやり過ぎな感じ。特にうねうねのセンターコンソールはせめてもうちょっと質感がよければなぁと思います。玉虫みたい。ドアノブもクロームメッキが上質感を演出…できてりゃいいんですけど、形状のこともあっておもちゃっぽい。

幅はC4とほぼ同じだけど高さがあるので視界は良好、ライトの出っ張りでボンネットの長さはつかみやすい。窓の形状で後ろは少々見づらいけど、バックミラーがでかいので斜め後ろは良好。
後部座席はコンパクトカーなりのサイズ。ただし窓が小さいので包まれ感はあるけど逆に言えば圧迫感もある。

営業マンも言ってたけど、結局のところこれはそういう細かい話抜きにJukeのスタイルが気に入るか否かが全て。そういう意味では気に入ったし、ドアは4枚なのでこのくらいの広さならなんとか…と思ったけどさすがにヨメとムスメに反対されました。そもそも乗り換えるにあたって子供の乗り降りが重要なポイントだったので、確かに無いかな。

乗っても1500にしては結構いい感じだし、スタイルも格好いい。最初からわかってたけどファミリーカーには不向きということで残念ながら無し。

一応見積りも貰いましたが、こちらもナビキャンペーンと、店舗で設定してるお買い得プランならそこそこの値引き。下取りはガイシャなので時間かかっちゃってなかなか出ないんです、よろしければあとで連絡します、とのことで不明。そんなに怪しいですか、わしのC4は。
トータルとしてはそもそも車両が安めなので、全体的にはおさえられてて結構引かれます。子供いなけりゃありだったなー。

Honda Stream

最後にストリーム。これは実は一番期待してました。元ホンダユーザーだし、バイクもホンダ乗ってたし。

営業マンはちょっと売る気が全面に出ててなんだかなーという感じ。こちらも9末決算をアピール。正直ウザい。

さて、肝心のクルマはやはりシャープなデザインでちょっと若過ぎる感じもあるもののなかなかいいです。ミニバンっぽくない。ヒンジのドアだけど中はコンパクトミニバンなりに広く、予想外に内装の質感が高かった。まぁ運転席周りのシルバー、特にハンドルまわりとかはもっとどうにかならんのかとは思いますが。インサイトとか外装も未来的な感じだとマッチするんだと思いますけど、ストリームは外観は極めて普通系の格好良さなので。

さて、ホンダというと低床体重心ミニバン、ということなんですが、比較対象がプレマシーだったこともあって変わらない印象。走り出すとキビキビしてますが、ステアリングの感触は切り込んじゃえばいいけど、どうも中立付近にちょっとスカスカ部分があるのが気持ち悪い。あと足回りが固いです。ホンダらしいし、これはヨソのミニバンとは違うんだよ!っていう主張はわかりますが、乗り心地のいいC4からの乗り換えなのでちょっと許容できない足回り。

スタイルはいい、サイズも(幅は)小さい、でもスライドドアじゃない、足が硬い…ちょっと微妙。

それでもヨメさんが内装が前の2台よりよくて、広さもまあまあなので結構気に入ってましたが、ここで営業マンがヨメがターゲットだと判断したらしくフリードを大プッシュ。

確かに5ナンバー、長さが短い、そこそこ広くてスライドドアとまさに今回の買替え目的にはピッタリです。燃費もいいし、価格もちょっと安い。ハイブリッドは初期費用が高いし、燃費は変わらないからガソリンエンジンをお勧めします、というそれだけを聞けば客のためを思って、という気もします。

が、最初に言った通り、いろいろ見た結果ストリームを検討したい、と伝えたはず。はっきり言ってしまえば、フリードは実用車然としたスタイルがあまり好きじゃなくて選択肢から外してるんです。狭いし。それをプッシュされても全く買う気になれない。

ヨメさんの方を押せば買うだろうとか、モデル末期のストリームよりフリードの方を売りたい、とかいろいろな事が透けて見えるわけですよ。でもそれって客じゃなくて営業の都合だよね? そういうの客にも伝わるんですよ。わからないくらいバカだと思われたんだろうか。

それはさておき、とりあえず一応両方の見積りが出てきました。
が!全く値引額を教えてくれるつもりがないらしく、買うならがんばって値引きさせますとのこと。値段わからないんじゃ買えねーよ。 C4の下取りもマツダで60万出てるんで(←ふっかけた)そのくらいはよろしく、と言ったら車両を見に行ったまままー戻ってこない。上司といろいろ相談してるところが丸見えなのでかなり厳しいんだと思われます。

ここで店長登場。もー衝撃的にウザい。そして買ってくれるならがんばります的な話で具体的な話が無い。
値引きはマツダさんとかニッサンさんはいいんですよね、トヨタさんはそれより落ちる、ウチはもうガッカリするくらい値引きができないんですよ。安く売りたいんですけどね?でもね、ホンダはわざと高い値段を付けて値引きをするようなマネは…云々。
おまけにそういう中身の無い話を体をクネクネ傾けて手もみしながらこちらが口を挟む余地も無く延々と話し続けるのですんごいイライラする。そういうお笑いネタなのかと思うほどウザい。ストリームというクルマ自体は悪くないのに完璧に買う気が完璧に失せました。他社の悪口を言わないと自社を高められないような営業マンは爆発してしまえ。(と、家を買う時にも思ったな…)

途中から悪循環ループになって印象が最悪になりましたが、ホンダは嫌いじゃないです。元オーナーだし。ただあの店は二度と行かないと思う。

というわけで今日見た感じではプレマシーが残りました。

とはいえこれで決まりというわけじゃなく、未練がましくアクセラとかもちょっと見せてもらうことにして初日は終了です。