プレマシーとアクセラ、突然のデミオ

さて、昨日の試乗周りでなんとなくプレマシーな雰囲気になってきたところで嫁さんがマツダで貰ったチラシを見て、燃費がいいし維持費も安いデミオでいいんじゃないの?という少々無理のある提案。今回はヨメさん「も」乗るから乗りやすいヤツ、というのもあるんですが、とはいえ9割以上は私が家族みんなを乗せてということになるわけです。
まあ安いし燃費もいいし、デミオもスカイアクティブ化したわけで、こちらも気になってたアクセラと一緒に見せてもらおうか、ということになりました。

…で、なぜか昨日のマツダではない、販社の違うマツダを見に行きました。競合させる、というわけでもないんだけど、条件を比較したいのと、実はC4をぶつけて板金してもらったのはここの販社(の別店舗)。あとこっちの店だと有料道路で150円かかるものの早く来られるのもメリットです。

そんなわけで別のマツダ、別の営業マンになりました。こちらは昨日のマツダよりもうちょっと若いけど同じく落ち着いた感じです。マツダの営業マンのクオリティが高いのかたまたまなのかは謎ですが、多分後者ですね(笑)

デミオ、確かにフィットとかに比べると背が低いこともあり広さは感じませんが、このサイズならこんなもんかという感じです。206より気持ち広いようなそうでも無いような、といったところ。
とはいえ荷室は狭い。206だとギリギリ乗せられたベビーカーはこれだとちょっと無理そうな雰囲気。
ということで、やはり無理がある。あとエンジンが改良されたとはいえデザインは少々モデル末期感が漂います。悪くはないんだけど。

で、アクセラですが、プレマシーと一緒に隣に並べてくれました。比較しやすくてよいです。

アクセラはC4と比べると大分後部座席に余裕があります。先代も結構余裕があった気がするけど、それよりさらに良くなってる印象。てかC4が狭いんですね。ガラスルーフにしたせいで頭上も狭いし(ガラスルーフを装着するとカバーの収納部分が出っ張るので狭くなる)。

とはいえやはり同じサイズ、同じ構成(5ドアハッチバック)で買い替えるのは、ATとかに不安があったりということはあるものの、やはり買い替える必然性自体がうすーくなります。

と考えると、インプレッサとかもやっぱり無しだなぁ。ということでやはり本命はプレマシーのようです。

見せてもらったのは上位モデルの20S。装備が違うだけで基本は一緒です。シートがサイド革張りになってるから内装の印象はかなり違う。

乗った感じは昨日と同じですが、16inchのこちらの方が好印象。それ以外はほとんど一緒ですが、コースが違うのでいろいろわかりました。結果としてはミニバンの割にとても好印象で、プレマシーはやはりいい選択なのでは無いかという気がします。ほぼ決まり。あとは予算の問題のみ。

コルクタイル選び

水性ワックス仕上コルクタイル ACV-L3・L5 ライト
水性ワックス仕上 ACV-L3・L5 ライト

赤ちゃんが生活することをまったく考慮していなかった我が家ですが、そろそろハイハイのスピードがかなりの早さになってきたのでちょっとずつ対策することにしました。

まずは転んだら確実に血まみれになる階段にコルクを貼ることに。

実は子供部屋にはホームセンターとかでよく見るタイプのコルククッションを敷いてます。まぁこれはこれで安いし暖かいしでいいんですけど、つなぎ目が目立たないといいつつも結構きっちり詰めて敷いてもちょっとは見えるし、なにより歩いた感じのスポンジ感はいかんともしがたいものがあります。全体的にとにかく安っぽい。
またこれを階段に貼るのはそもそも危険なので(ジョイント部分が弱すぎるし、接着したとしても所詮中身はスポンジ)、ちゃんとした床材としてのコルクを検討することにりました。

最初コルクロールというのがあったのでこれでいいのかと思いましたが、大原工務所大原さんに聞いたところそれは壁用で床用のちゃんとしたヤツを買わないとすぐ剥がれる上に、やり直すのは凄く大変とのこと。「千代田商会」という会社のコルクがお勧めいただきました。

コルク専業160年の歴史をもつロビンソンコルクの製品紹介ページ

で、いろいろ探したんですが床材だけを通販で販売しているところは無いようで、今回はコスト面でDIYが前提なので断念することにしました・・・。

というわけで代替案。
コルクタイルを検索すると壁紙でお馴染のサンゲツと、東亜コルク、神戸コルクという会社を発見。

東亜コルクはその名の通りコルクの会社なので商品がとても見やすいんですけど、サンゲツは取扱商品の多さゆえか探しづらく、コルクタイルで検索しても全然関係なさそうな商品が192件もヒットして全然お目当てのコルクタイルにたどり着かない。どんなクオリティのコクルなのかさっぱりわかりません・・・。楽天で検索した方が商品の写真が出てきていいくらいです。ショールームで見てねってことだと思うんですが、商品紹介はちゃんと作ってほしいところ。

で、ウェブサイトで調べて分かる範囲で三者比較すると価格帯も同じくらいだし、天然素材故に(素人目には) 商品自体はどれもそれほど変わらないように見えます。となると一番ウェブサイトに詳しく商品の説明を載せてる東亜コルクが安心感がありますね。

コルクタイル|製品のご案内|東亜コルク

一口にコルクタイルといってもなんとなく商品の想像がつく「無塗装コルクタイル」だけでなく、「ソフトセラミック仕上」「特殊樹脂ワックス仕上」「水性ワックス仕上」「天然オイル仕上/天然樹脂仕上」「強化ウレタン仕上」「厚塗ワックス仕上(重歩行用)」と山ほど種類があります。重歩行用ってのは店舗とか屋外用なので除外するとして他は何がいいのか・・・。

実際に使ってる人を探して検索したところ、樹脂やウレタンで仕上げたものはメンテナンスが楽でいい一方で、コルクっぽくなくなっちゃってせっかくのコルクがもったいないというお話。調べてる間に見つけた楽天のお店(5店舗くらい取扱があった仲で一番安かった)で3点まで無料サンプルを貰えるということで、一般住宅向けのうち一番普通っぽい「水性ワックス仕上」と、「自然素材だけを使って、表面を仕上げた」という「天然オイル仕上/天然樹脂仕上」、「耐摩耗性をはじめ保温性・弾力性・肌ざわり・経済性など、トータルバランスに優れて」いるという「特殊樹脂ワックス仕上」の三点のサンプルを請求しました。

無料サンプル請求:インテリアショップ お部屋の大将

んー、ホームセンターで売ってるコルクマットとはまったく違います。というか完全に別物。フローリングもそうですけど、表面コンマ数ミリだけホンモノで後は違う素材ってのは話だけ聞くとホンモノに見えるんじゃない?と思いますが、実際完璧に別物です。

正直三点サンプル送っていただいて、もちろんよく見て触ってみるといろいろ違いはあるんですが、どれもしっかりコルクの質感があるのでどれでもいいのかなという感じもします。遠目に見る分にはそれほど変わらないかな、と。床だし。詳しく違いを説明すると

「特殊樹脂ワックス仕上」

  • 表面が滑らかで凹凸が少なくメンテナンス楽そう
  • とはいえさらさらした手触りで、「人工物」感は無い。ちゃんとコルク
  • 製造工程が違うのか、コルクの粒が少し小さく見える

「天然樹脂仕上」

  • 一番コルクらしい質感で、樹脂仕上げの関係か三者の中では若干色合いが濃い
  • コルクの粒と粒の間に少ないながらも隙間があるので、隙間にホコリが埋まりそう
  • 手触りも若干ザラザラしていて、一番柔らかく感じる

「水性ワックス仕上」

  • ちょうど両者の中間くらいの性質

「天然樹脂仕上」は一番質感がいいですが、ちょっと掃除が大変そうかなという印象。コスト面と見た目のバランスをとって「水性ワックス仕上」を選ぶことにしました。

で、大分話が長くなりましたが、懸案であった階段のところは専用品があります。ちょっとお高いですが、角のところはさすがにこれを使うしかないので一緒に注文します。

玄関をあがったところとそこからつながる階段、階段につながる廊下部分も一緒に施行するので、注文した枚数は5mm厚のACV-L5が73枚、L3が20枚、階段用段鼻11枚と踏み板が10枚。階段が実際の段数より多いんですが、これは幅が広いので横に1.3枚くらいの割合で繋げなきゃならないためです。それと接着剤3Kg、段鼻用の接着剤、階段用に踏み板用両面テープも一緒に注文。

最終的なお値段は10万ちょい。結構なお値段ですが広範囲にやるのでまあ仕方ないところですね…。(一般的なサイズの階段だけなら接着剤込みでも4万くらいで収まると思います)

試乗

候補車が絞れた(?)のでディーラー巡りです。小さいのを家に残していくわけにもいかないので、家族4人でゾロゾロと行ってきました。

Mazda PREMACY

家から遠い順に回ろう、というわけで最初に行ったのはマツダ。営業さんはベテランの営業部長さん、物腰柔らかで好印象。

さて、プレマシーの第一印象はアクセラを縦に膨らませた感じでした。まあ見たままです。悪くないです。
営業さんに丁寧に説明してもらいつつ、早速試乗。グレードはiStop付きの20E。

良かったのは自然なハンドリング。父が乗る某国産ワゴンはステアリングの中立付近が心もとなく、かつかなり軽いのがなんとも私を不安な気分にさせましたが、しっとり適度な重さで切ればしっかり反応する印象。一方でパワステのサポート量が低速と中速でもうちょっと自然に変わってくれるといいのになーと思いました。

あと車重が1500kg(電動スライドドアモデル)を越えることもあってかブレーキイマイチ効かない。特に踏み始めの効きが悪く、C4と同じ感じで踏んだらおっとっとっと、となりました。初期の食いつきの良さ/悪さに関しては、ヨーロッパ車と日本車の違いみたいなところもあると思うので、特別これが悪いということも無いんだと思うけど、好みの問題ですかね。C4が少々カックンブレーキ気味だったのもそう感じる所以かもしれません。減ってきた時に社外品に変えちゃえばタッチも変わるかな。ただしC4右ハンドルはマスターシリンダーが左側にある手抜き右ハンドル化だったので、それと比べると大分しっかり感があります。C4はブレーキ踏むと左側からフシュって音するんですよ…

エンジンは可もなく不可もなく。5ATは今どきならもっと多段化してもという気もしますがとはいえスムーズで4ATのC4と比べれば当然ながら格段にいいです。

スライドドアはやっぱり便利です。子供も広いので大喜び。
2列目は十分、三列目も子供が乗ったり荷室にするならこれでOK。というか基本的には倒して荷室かな。

内装の質感ははっきり言って低いです。C4も普通にプラスチックですがシボ加工のパターンが工夫されていて安っぽく見えないんですけど、これはいかにもプラって感じ。シートは大振りでまあまあ。ホールドはそんなに良くないですが、悪くないです。ただしシートのファブリックはかなり残念。C4のアルカンターラとは比べようも無い。あれはあれでジーンズで乗ったりすると毛がまとまってきたりするので、こういう方が気兼ねなく使えるのはメリットとも言えますが、にしても質感はもうちょっとどうにかならんかなぁ。

全体的にはなかなか好印象。何よりミニバンでもなかなかいい感じに走ることとスライドドアの実用性の両方を兼ね備えてるところが今回の買替えの目的にはピッタリ。

見積りの方は、とりあえず上と下の幅を見たいということで、試乗した20Eと特別仕様車のPrestige IIで出してもらいました。双方とも店舗在庫なら色は選べないものの結構いろいろと装備のついたヤツがなかなかお得な価格で出てます、とのこと。本社主導でナビプレゼントキャンペーン中なのでディーラーとしてもその分いろいろつけたり割り引いたりできてお買い得にできるからいいんですよ、とのこと。確かに車両本体+オプションの値段と実際の購入価格を比べると結構な値引き率です。まあプレマシーは細かいものがいろいろオプションになっちゃってるので、本体以外が結構かさむのが難点ではありますが。

下取りは、マツダは昔シトロエンも扱ってたしがんばります、といわれたものの50万円。4年7ヶ月、4万2千km走行のC4….そんなもんなのか(血涙)。206は同じような条件で70万だったんだけど、まぁPSA同士での乗り換え出し、206はC4と違って人気車だし…にしても悲しい。

NISSAN JUKE

続いては日産。
逆三角形のマッチョでいかにも体育会系といった雰囲気の営業マン。9末なのでがんばります的アピールはちょっとアレですがまぁどこもそんなもんですね。ただでかい買い物する時に「今日決めていただければ●万円引き」的な話ははっきり言って逆効果だと思う。まだ最初だからいろいろ回ってるって言ったはずですよ。悪い人じゃないんですが。

Jukeは実物を見るとなかなか立派です。抑揚のあるデザインで存在感があるし、全長が短い割りにはちゃんとドアを4枚確保してるし、ドアノブもピラーに溶け込ませてあったりと芸が細かい。アルファも156とかでこんなドアノブにしてましたね。

ただ正直内装はやり過ぎな感じ。特にうねうねのセンターコンソールはせめてもうちょっと質感がよければなぁと思います。玉虫みたい。ドアノブもクロームメッキが上質感を演出…できてりゃいいんですけど、形状のこともあっておもちゃっぽい。

幅はC4とほぼ同じだけど高さがあるので視界は良好、ライトの出っ張りでボンネットの長さはつかみやすい。窓の形状で後ろは少々見づらいけど、バックミラーがでかいので斜め後ろは良好。
後部座席はコンパクトカーなりのサイズ。ただし窓が小さいので包まれ感はあるけど逆に言えば圧迫感もある。

営業マンも言ってたけど、結局のところこれはそういう細かい話抜きにJukeのスタイルが気に入るか否かが全て。そういう意味では気に入ったし、ドアは4枚なのでこのくらいの広さならなんとか…と思ったけどさすがにヨメとムスメに反対されました。そもそも乗り換えるにあたって子供の乗り降りが重要なポイントだったので、確かに無いかな。

乗っても1500にしては結構いい感じだし、スタイルも格好いい。最初からわかってたけどファミリーカーには不向きということで残念ながら無し。

一応見積りも貰いましたが、こちらもナビキャンペーンと、店舗で設定してるお買い得プランならそこそこの値引き。下取りはガイシャなので時間かかっちゃってなかなか出ないんです、よろしければあとで連絡します、とのことで不明。そんなに怪しいですか、わしのC4は。
トータルとしてはそもそも車両が安めなので、全体的にはおさえられてて結構引かれます。子供いなけりゃありだったなー。

Honda Stream

最後にストリーム。これは実は一番期待してました。元ホンダユーザーだし、バイクもホンダ乗ってたし。

営業マンはちょっと売る気が全面に出ててなんだかなーという感じ。こちらも9末決算をアピール。正直ウザい。

さて、肝心のクルマはやはりシャープなデザインでちょっと若過ぎる感じもあるもののなかなかいいです。ミニバンっぽくない。ヒンジのドアだけど中はコンパクトミニバンなりに広く、予想外に内装の質感が高かった。まぁ運転席周りのシルバー、特にハンドルまわりとかはもっとどうにかならんのかとは思いますが。インサイトとか外装も未来的な感じだとマッチするんだと思いますけど、ストリームは外観は極めて普通系の格好良さなので。

さて、ホンダというと低床体重心ミニバン、ということなんですが、比較対象がプレマシーだったこともあって変わらない印象。走り出すとキビキビしてますが、ステアリングの感触は切り込んじゃえばいいけど、どうも中立付近にちょっとスカスカ部分があるのが気持ち悪い。あと足回りが固いです。ホンダらしいし、これはヨソのミニバンとは違うんだよ!っていう主張はわかりますが、乗り心地のいいC4からの乗り換えなのでちょっと許容できない足回り。

スタイルはいい、サイズも(幅は)小さい、でもスライドドアじゃない、足が硬い…ちょっと微妙。

それでもヨメさんが内装が前の2台よりよくて、広さもまあまあなので結構気に入ってましたが、ここで営業マンがヨメがターゲットだと判断したらしくフリードを大プッシュ。

確かに5ナンバー、長さが短い、そこそこ広くてスライドドアとまさに今回の買替え目的にはピッタリです。燃費もいいし、価格もちょっと安い。ハイブリッドは初期費用が高いし、燃費は変わらないからガソリンエンジンをお勧めします、というそれだけを聞けば客のためを思って、という気もします。

が、最初に言った通り、いろいろ見た結果ストリームを検討したい、と伝えたはず。はっきり言ってしまえば、フリードは実用車然としたスタイルがあまり好きじゃなくて選択肢から外してるんです。狭いし。それをプッシュされても全く買う気になれない。

ヨメさんの方を押せば買うだろうとか、モデル末期のストリームよりフリードの方を売りたい、とかいろいろな事が透けて見えるわけですよ。でもそれって客じゃなくて営業の都合だよね? そういうの客にも伝わるんですよ。わからないくらいバカだと思われたんだろうか。

それはさておき、とりあえず一応両方の見積りが出てきました。
が!全く値引額を教えてくれるつもりがないらしく、買うならがんばって値引きさせますとのこと。値段わからないんじゃ買えねーよ。 C4の下取りもマツダで60万出てるんで(←ふっかけた)そのくらいはよろしく、と言ったら車両を見に行ったまままー戻ってこない。上司といろいろ相談してるところが丸見えなのでかなり厳しいんだと思われます。

ここで店長登場。もー衝撃的にウザい。そして買ってくれるならがんばります的な話で具体的な話が無い。
値引きはマツダさんとかニッサンさんはいいんですよね、トヨタさんはそれより落ちる、ウチはもうガッカリするくらい値引きができないんですよ。安く売りたいんですけどね?でもね、ホンダはわざと高い値段を付けて値引きをするようなマネは…云々。
おまけにそういう中身の無い話を体をクネクネ傾けて手もみしながらこちらが口を挟む余地も無く延々と話し続けるのですんごいイライラする。そういうお笑いネタなのかと思うほどウザい。ストリームというクルマ自体は悪くないのに完璧に買う気が完璧に失せました。他社の悪口を言わないと自社を高められないような営業マンは爆発してしまえ。(と、家を買う時にも思ったな…)

途中から悪循環ループになって印象が最悪になりましたが、ホンダは嫌いじゃないです。元オーナーだし。ただあの店は二度と行かないと思う。

というわけで今日見た感じではプレマシーが残りました。

とはいえこれで決まりというわけじゃなく、未練がましくアクセラとかもちょっと見せてもらうことにして初日は終了です。

候補車選び

C4はできるだけ長く乗るつもりではいたんですが、ATの不調、修理、不調…という中で心がポキリと折れてから次の車に乗り換えよう!と決めるまでは結構早かったです。思えば●千万のマンションも2週間で売ったわけですが。

買わないつもりでいながらも当然次に家族も増えてデカいチャイルドシートが邪魔になったら、広い車が必要になったら当然C4ピカソ(出来ればモデルチェンジしてから)にするんだ!とか考えてはいました。が、いろいろトラブルを経て改めて買い替えを検討するとピカソの6EGSも正直不安なので、そしてヨメさんのガイシャ禁止令が出たので当然ながらピカソはボツになりました。乗っただけで楽しくなる他には無いいい車だと思うんですけど、壊れたら笑って直すような余裕は今の私には無いです。

Golf Touranとかなら壊れないんじゃね?と思ったが、どうも調べるとDSGも結構怪しいらしい。 壊れない普通のATがいいよね、ということで、そしてヨメさんの意見もあり、国産車から探してみることにしました。

当然ながら最優先は予算ですが、子供(特に下の子=0歳)をチャイルドシートに載せやすい、つまり広いことと、壊れないことも重要。壊れないってのは結局当たり外れもありますが、あんまり変わった機能がついてないというのがポイントです。ハイブリッドとかバッテリーヘタったらどうなるんだろ… それと実は新居の駐車場が結構狭いので、大きさはC4程度まで(幅1750くらい)。ウチの駐車場は土地が旗竿なので竿部分に止めるわけですが、結構な細さです。知人のエルグランドとかムラーノとかでっかい車が止めてるんだから入らないわけじゃないんですが、毎日だとさすがに辛いわけです。

あとできればデザインがヘボくないやつ…。

そんな感じで出てきた候補が

  • ホンダ ストリーム
  • マツダ プレマシー
  • マツダ アクセラ
  • スバル インプレッサ
  • スバル XV
  • ニッサン ジューク

バラバラですね。

バラバラな理由は今までひたすらハッチバックを乗り継いできたので – シビック(EG-4) アルトワークス(E-HB11S) 206XS(GH-T1NFU) シトロエンC4 2.0EX(ABA-B5RFJ) – いろいろ見てみたいというのがあります。特に国産車事情にすっかり疎くなってしまって、昔とどう違うのか興味があります。

ミニバン(低床)

家族4人で乗りやすくて実用的で、となると真っ先に思いつくのはミニバンです。とはいえ友人達がアルファGTVからオデッセイに乗り換えたりするのを見る度に「おまえもか」とか言ってたわけですが、実際子供増えるとスライドドアは便利だなーと思うわけです。

C4の次のミニバンとなればC4 Piccasoとかルノーカングーとかに行くのが当然のような気がしますが、前述のような理由で国産車です。

ので国産ミニバンでせめて格好悪くないヤツ、選ばれたのはホンダのストリームとマツダのプレマシー。ミニバンでコンパクトまたはスライドドアという条件だけで言えば他に山ほど出てきそうですが、スタイリングの好みの問題で全て却下です。いかにもハコでございます、って感じの四角い車はいまいち好きになれず・・・

ストリームはミニバンのくせにホンダらしく低めでシャープなフォルムなのが選んだポイント。5ナンバーだから駐車場も入れやすい?かも。モデル末期なので安くしてくれるんじゃないかという期待もありました。気になるのは最近のホンダらしくサイバーなコックピット…C4は奇抜な工夫があっても質感が高いからいいんですが、シルバー塗装はちょっとなぁという印象。5ナンバーサイズなのはメリット、スライドドアではないのがデメリット。あと昔シビック(EG-4)に乗ってたのでホンダにはちょっと親近感があります。

プレマシーも同じく他のミニバンと違い個性があるのと、以下にもミニバン的な「ハコ」っぽい印象が薄いのが気に入りました。サイズ的にはC4よりちょこっとだけ小さいけどほぼ同じ横幅。とはいえこちらはスライドドアなので大人の乗降はもちろんこども抱えて乗せたり下ろしたりにはかなりいいのではないかと推測。ちなみに以前ぶつけた時に近くにPSA取扱いディーラーがなく、以前シトロエンを売ってた近所のマツダ(昔シトロエン売ってた)に修理に出したことがあるのでちょこっと関係があるともいえます。

5ドアハッチバック

単純にC4の置き換えで、新しい分パッケージングが良くなって、多少なりとも広いんじゃないかと予想。

そんな中で選んだ二台がアクセラとインプレッサ。アクセラはスカイアクティブが、インプレッサはEye Sightが気になるところ。

コンパクトSUV

車のジャンルがどうというより単純にこの価格帯の国産車の中では頭一つ抜けてデザインが面白いので。XVはまだ実車がないし、ちょっと高くなり様な予感。ジュークは狭そうなので一応中を見てみたいなー、という程度です。

それとスバルは弟が富士重工関係で働いてるので値引きがあるはず!と思ったんですが、昔はともかく(3割とか引いてくれたはず)今はほとんど普通に買うのと変わらないという話でちょっとガッカリ。

ちなみにマツダ、スバル、ニッサンというラインナップになりましたが、技術にコダワリのあるメーカーは好きです。あとマツダのニッサンは最近デザイン面でかなり頑張ってる印象もあり、こういう選択になりました。

大手を振って試乗しまくれるチャンスなので、いろいろ乗ってみよう!というわけで週末に家族全員でディーラー巡をすることになりました。嫁さんも乗るかもしれないし(←ペーパードライバー)一応意見を聞かなけりゃならんので。

「Citroen C4」というクルマ

Citroen C4 2.0 Exclusive
Citroen C4 2.0 Exclucive (Rouge Lucifer)

Peugeot 206xsのブログを書いてた頃、最後に「Citroen C4」に乗り換えました!と書いた以降すっかり何も書かなかったわけですが、書かないうちに買い替えてプレマシーになりました。

C4はバッテリーとタイヤ買えたくらいでこれといって何もしなかったから、というのもありますが、何も無いのも悲しいのでちょこっとメモっておきます。

C4という車自体はファミリーカーのくせにその斬新なスタイリングがなにより魅力で、フルモデルチェンジした後でも古さを感じさせずとても気に入ってました。乗り心地もよく(とはいえ205/50R17だとちょっと固く感じるので16ならよかったかな)パワーもまずまず、4ATは古くさいけどまあ使えないってほどじゃない…

と買ってしばらくは思ってましたが、買替えの一番の理由は「AT」でした。

初回の車検も過ぎて一ヶ月ほど過ぎたある日、走行中にバコン!という大きな音&ショックがあったと同時に警告灯が。変速できなくなり、慌てて車を止め、エンジンをかけ直すと取り合えず大丈夫そう。が、忘れた頃にまたバコン!。

フランス車に詳しいひとにはご存知の通りというくらい定番のトラブル「ソレノイドバルブ」の破損です。ちょっと前から警告灯が点灯して3速固定になったりってことはあったんですが、それからバコっと言うまでは結構すぐでした。206の時はMT乗ってたし、いくら評判の悪いAL4とはいえまさかこんなにサクっとご臨終なさるとは思わなんだ。
ちょっと調べりゃたくさん出てきますよ、壊れる話が。

Google ‘AL4’ ‘ソレノイドバルブ’ で検索

206 XS (Aegean Blue)
206 XS (Aegean Blue)
この車が全く壊れなかったのは今思えばMTだったからなのかも…

車検でATオイル交換した直後だというのにまたオイル交換。バルブ自体は安くてもATばらしの工賃と丸ごと無駄になったATオイルで修理代は8万円でした。3年過ぎた直後ですから保証も切れてますよ。でも少しくらいおまけしてくれても良かったんじゃないの…>ディーラーさん。

とはいえ、そこまではまだいいです。よく聞く話ではあったので、ああ、やっぱり…て感じだったし。あと金がかかるのは血涙が出るほど辛いですが、直ればOK。「直れば」。

ところがそれ以降に立て続けに起きた、すんごい怖いトラブルが夏場のエンスト。信号待ちで停止、発進しようとアクセルを踏み込むと回転が落ち込んでそのままエンスト。
あー気温が高いから燃料濃いめかな、エアスクリューをちょこっと・・・と思ったけどキャブ車じゃねーし!。ディーラーに持ち込んでも原因不明。ATの学習リセットしたので様子を見てください、と言われたけど、しばらくは調子よくなるものの根本的な解決では無いのでまた再発。
発進の仕方をいろいろ工夫してみたものの(すっごいゆっくりアクセル踏むと多少いいようなそうでもないような)どうも一貫性がないので防止しきれない。
右折の発進時に何度か止まったところで心が折れました。怖いんですよ!右折待ちでエンストするのは!! 後ろの人だってナニこいつ矢印出たのにハザード出してんだぶっ殺すぞこの野郎とか思ったはず。

というのが買い替えた一番の理由です。

C3(Blue Botticelli)
車検のときに代車で同じ色(ルージュ・ルシフェール)の先代C3と、ピッカピカの新型C3(ブルーボッティチェリ)貸してもらいました。C3すごくいいです。壊れるかどうかは知らん。こうやって並べてみるととフランス車は色が実にいいなぁ。

誰かに「外車は壊れるでしょう?」とか言われる度に「最近のクルマはそんなことないですよ」と言ってきましたが、ちょー最新の車かMTなら、と訂正したくなる気分です。
その他のトラブルとしては、シールの不良で水漏れ→水温警告が出て修理(保証期間中なので無料)、それとリコールで2度?くらいなんだか部品交換があったくらいですかね。8万円の衝撃がでかくて他はわすれました。

ちなみに車検までに自分で買って交換したのはバッテリーとタイヤ。特に工夫も無くBoshのSilver、タイヤもミシュラン プライマシーHPと定番のチョイス。、あとワイパーのゴム自分で交換できるようにエアロツインマルチにした程度。
純正部品で大きなものは、4年目の点検で交換したブレーキパッドのみ。

その他の故障ポイントは、どっかのシール不良があって買って2ヶ月ほどでいきなりオーバーヒート(保証で対応)、あとリコールでなんか交換されたのが2回。

というわけであまり手を入れずドナドナされたC4ですが、いじるどころか洗車も機械だけであんまりちゃんと手入れしてあげなかったなぁなどとちょっとセンチな気持ちになったりもします。やっぱりフランス娘には日本の気候が体に応えたのかねぇ。日本製になったという噂のエアコンもあんまり効かなかったし。