3M スコッチティント™ ウインドウフィルム

ウチのリビングの窓はちょうど太陽を追いかけるような感じで南→東に横長にずらーっと窓が並んでて一日中良く日があたります。良く日が当たるということは、夏場は悲惨なほど暑いということでもあります・・・

もっとも新しい家ですし断熱材も多いので一昔前の家と比べると雲泥の差なんですが、それでも結構暑い。
あと以前はずっと閉まってた二軒先のお宅の窓が、最近になって全開に。二階?にキッチンがあってちょうどシンクの向こう側が窓になってるらしく、多分皿洗いとかしてる間ずっとウチの中が丸見え状態。まあ視線からして比較的上の方しか見えていないので、座ってりゃ見えないんですけど、ウチはリビングに寝室に繋がる階段があるのでそこから降りてきたりすると「あっ見えてる!」ってなって気まずいわけです。もしかしたら向うも気を使って閉めてたのが最近になってやってられるか!ってことで気にせずに全開にするようにしたのかも知れん。

わからない事情を推測するのはさておき見えない方がいいわけで、前述の暑いって話のこともあり、夏を前に東側の窓にフィルムを貼ることにしました。大原工務店さんに相談したところ、3Mのフィルム最強ってことで、こちらに決定↓

東側、目隠し目的のところに「ミルキーホワイト」を、南側の朝直射日光直撃のところに「マルチレイヤーNano」です。「ミルキーホワイト」は遮熱機能は無いんですが、そもそも半透明なので多少なりとも暑さもしのげるのでは無いかと。

そんなわけで貼ってもらいましたが、とにかく窓が高い位置になるので、窓屋さんが困ってました…。しばらく悩んでましたが、作り付けの机が丈夫そうだから梯子乗っけても大丈夫そうだ、ということででっかい梯子を使って施行。

南側、「マルチレイヤーNano」は貼ってあるんだか無いんだがわからないほどの透明感。とてもきれいに貼ってもらいました。
東側「ミルキーホワイト」は思ったより不透明度が高く外が見えなくなったのは残念ですが視線のことを考えるとこれでOKかと(可視光線透過率約60%なので暗くは無い)。ついでに玄関ドアの上の小さい窓にも「マルチレイヤーNano」を貼ってもらい、これで南と東の窓の防備は完全に。

目隠しはもちろん、南側の遮熱は結構効果があったようで、夏の朝の強烈な日差しが大分やわらぎました。値段は少々張りますが、効果を考えるとその価値はあると思います。